十九歳で家から逃げました

作者 ゆきこ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全66話

更新

  1. 0、『家族』ってなんだろう
  2. 小学生の頃の話
  3. 1、最初はたぶん、普通の家族だったんだと思う
  4. 2、モラハラって父のための言葉なのでは
  5. 3、泥んこになった私に母は優しかった
  6. 4、年の離れた弟が生まれた話
  7. 中学生の頃の話
  8. 5、母が出て行ってから
  9. 6、父子家庭生活という名の地獄の始まり
  10. 7、「正面から受け止める」は「正面からねじ伏せる」だった
  11. 8、信じる者は馬鹿を見る
  12. 9、母との再会
  13. 10、こんな家出ていきたいとずっと思っていた
  14. 高校生の頃の話
  15. 11、ファザーテレサ
  16. 12、部活に三つ入って三つ辞めた話(前編)
  17. 13、部活に三つ入って三つ辞めた話(後編)
  18. 14、母の部屋で眠るのが好きだった
  19. 15、音楽は耳を塞ぐためにある
  20. 16、経済力という呪縛
  21. 17、顔を知らない兄弟
  22. 初めての家出
  23. 18、日記は感情の墓場
  24. 19、Day0 繰り返すたびに衝突がひどくなる
  25. 20、Day1 されど人の温かさを知る
  26. 21、Day2 母への不信を初めて自覚した
  27. 22、Day3-5 何かを変えたかった
  28. 23、Day6 いつの間にか五人兄弟の長女になっていた
  29. 24、 Day7 ふがいない僕は空を見た
  30. 25、初めての家出のその後
  31. 受験生の頃の話
  32. 26、六年ぶりの受験を控えて
  33. 27、殺したくて死にたくて殺せなくて
  34. 28、先生
  35. 29、普通に生きているだけで寄生虫ですか
  36. 30、初めて大人にうちあけた
  37. 31、公園で一人いのちの電話にかけた
  38. 32、末の弟が死んだ
  39. 33、弟が死んでも地球は回るし太陽はのぼる
  40. 34、「辛」に棒を足すと「幸」になる?
  41. 35、受験生ゆきこの奮闘
  42. 36、手のひら返しもほどほどにしてくれ
  43. 37、母の家から私立受験をした
  44. 38、受かったところで
  45. 大学生になってから出て行くまでの話
  46. 39、実家暮らしだからって上から目線で謎の説教してくる奴をシュレッダーにかけたいと思った
  47. 40、ベース始めました
  48. 41、「長女」というラベル
  49. 42、コーヒーがお湯の味しかしなかった
  50. 43、ざまあみろ
  51. 44、父のいる夏休みは地獄のようだった
  52. 45、無駄なのはお金ではなく
  53. 46、教科書通りの差別主義者
  54. 十月二十七日 家出当日
  55. 47、さすがの俺も我慢の限界だ(笑)
  56. 48、首をしめられた話
  57. 49、家族ごっこはおしまい
  58. 50、家から逃げました
  59. 番外編
  60. 番外編① 父と自転車
  61. 番外編② 初めての夢の国が悪夢に包まれた話
  62. 番外編③ 父がネトウヨだった話
  63. 番外編④ きれいな女の子になりたかった
  64. 家を出てからの話
  65. 51、【祝】勘当!!!!!
  66. 52、甘えは罪悪ですか
  67. 53、学生寮に入るまで
  68. 54、人生で一番泣いた日
  69. 55、スマホすら一人では持てない
  70. 56、たらい回し
  71. 57、あれを愛と呼ぶのなら
  72. 58、保険証とお礼
  73. 59、親から逃げても呪縛は続く
  74. おわりに
  75. 60、『家族』ってなんですか?
  76. 61、家出少女のその後