三人キサブロー

作者 奇水

時代の過渡期に現れた魔性

  • ★★★ Excellent!!!

著者初読み。
明治という江戸時代の香りも残しつつ、そして近代も感じる時代が舞台です。
そうした時代の過渡期で、伝奇を書くという目の付け所が妙。勿論、それだけ構成やストーリーが難しくなりますが、本作は見事に料理しています。
特に時代の過渡期を強調する為に、当時の著名人や出来事を登場させたのは、かなり活きていたと思います(ルビがあれば、丁寧かなぁとは思いましたが)
明治でありならが、鬼や方術など伝奇小説の肝をちゃんと抑えていて、確かなスキルを感じさせ、読んでいて次はどうなるかとワクワク状態。

神視点を一切と言うほど使っていない僕にとって、大変勉強にもなりました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

筑前筑後さんの他のおすすめレビュー 31