明日の黒板

作者 えーきち

拳を握るな、手を開け。その言葉に込められた意味が広がります様に

  • ★★★ Excellent!!!

「いいか? この話はネタだと思ってもらって一向に構わない」

そんな一言から、この物語は始まります。
最初は生徒達と一緒にわくわくきゃっきゃ(?)しながら、先生の語りを聞いていくのですが……。
この始まりからは想像も付かないほどの結末が待っています。
生徒達と一緒になって、次第に静かに、けれど引き込まれる様に先生の語りに聞き入っていました。

この物語を読んだ後、何を感じ取るのか。
是非とも生徒達と一緒に、先生が語るお話を聞いて欲しいと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 とんでもない先生もいたもんだ。

 夏男先生は、どう見ても真面目な先生ではない。およそ、教育者としてはあり得ない語り口調。生徒の前で堂々とタバコをふかすその態度。
 きっと、校長先生や教頭先生には… 続きを読む

和泉ユウキさんの他のおすすめレビュー 36