俺が代わりに書いてやるよ。お前の作りたかった、明日を。

物語は主人公が生徒を前に教壇で語り始める所から始まります。彼らにこの先の生き方を諭すのに、それは必要な事でした。
アツい想いが込められた短編。あなたの明日へきっと響くでしょう。

その他のおすすめレビュー

ゆあんさんの他のおすすめレビュー164