単行本『ブロードキャスト』

作者 湊かなえ/角川文庫

高校の部活動を舞台とした学園青春小説!! 推理作家、湊かなえの新境地

  • ★★★ Excellent!!!

ミステリー好きならご存じ、湊かなえ先生の新作、「ブロードキャスト」が、何と、このカクヨムで掲載される事が決まりました。

湊先生の作品としては、「告白」や「夜行観覧車」など、映像化されているものも複数あるので、テレビなどでその作品を目にされた方も、割と多いのでは無いでしょうか?

本作「ブロードキャスト」は、既にハードカバーにて刊行された御本ですが、これからカクヨムにて連載されるとの事で、その内容に付いてはネタバレになる為、詳しくはここで書きません。
ですので、概要のみご紹介させて頂きたいと存じます。

本作は、中学生時代、陸上部の大会で惜敗した主人公、町田圭祐(まちだ けいすけ)が、その先で入学した高校である青海学院において、陸上部以外の場所に青春の活路を見出し、大々的に部活動に打ち込んで行くお話です。

若き高校生、町田が、青海学院高校にてどの様な活動をするのかは、是非、掲載される内容をご覧になって頂ければと思います。

以下、余り関係無い話をさせて頂きます。

私自身、湊先生が双葉社より刊行された「夜行観覧車」をハードカバーで持っているのですが、本作もドラマ化と同時に漫画化もされているので、ついでにご紹介したいと思います。

「夜行観覧車」ですが、その内容が大変面白いと言うだけで無く、ハードカバーの表紙を飾っている絵も、劇団イヌカレーなどで最近流行し出したアヴァンギャルドなテイストに仕上がっており、実に小粋です。

表紙にある絵は、一見、漆黒の背景に灯りがほんのりと点いた様な、幻想的で綺麗な絵なのですが、そこには意味深長な隠喩ないしは直喩が含まれており、読み進む度に、その各部が一体何を象徴しているのかと言う、絵の謎が解明されて行きます。

作中での視点移動が多く、不慣れな人には読み辛い事もあるかも知れませんが、それを上回る面白さがあり、かつ、先に紹介した表紙の部分でも、実に面白味がある御本です。

更に、湊先生のデビュー作である「告白」は、もう一人の著名なミステリー作家、宮部みゆき先生の作風にも通じる所があり、大変に評価が高い作品です。

ユーザー様各位におかれましては、本作「ブロードキャスト」のみならず、湊先生のそれらの作品も読まれては如何でしょうか。

以上、感激のあまり、関係無い話をして仕舞いました。

それでは、そんな大変なご活躍をされている、ミステリー作家、湊かなえ先生の新作、「ブロードキャスト」をお楽しみ下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

南雲 千歳(なぐも ちとせ)さんの他のおすすめレビュー 176