単行本『ブロードキャスト』

作者 湊かなえ/角川文庫

他人のうしろぐらいところにつっこむ女性的な眼差し

  • ★★★ Excellent!!!

緻密な文章のつみかさねで、読みやすく、そしてまた、これはどうなのかな、という後ろ暗い気持ちを持たされる。

でもそれが小説作法上の負なのかも知れない。
時代の移り変わりとともに(などというと、随分歳とったおっさんみたいだけど、)表現の幅に、現実的なやりとりが付与されている場面がよく目につくようになった。あれです。梶井基次郎の檸檬の気持ちがわかっちゃうよ、というあれです。

スポーツって爽やかな反面、陰湿なイジメがあったり、近頃では指導という名の暴力の問題があがっていたりして、(僕の中で、)非常にタイムリーな気もする。いいね\(゜ロ\)(/ロ゜)/

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

かもめ7440さんの他のおすすめレビュー 17