ストレス展開を完全に排除した未来の先駆けとなる新時代の短編小説

作者 みかみてれん(個人用)

525

216人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

面白過ぎです!
寓話……これは、作り話であることをあえて読者に伝えながら語られる「文字数」のお話。こんなん初めての経験です(*´艸`*)
ストーリー展開や構成力も抜群。主人公の目的が「空から降ってきた女の子とエッチする」という、まことに男の子らしい(?)動機なのも説得力があって終始爆笑しっぱなしでした。

★★★ Excellent!!!

ざっくりとした結末を見せて、どうしてそうなるのか?と思わせて続きを読ませる技術をこれほどまでにストレートに使っている文章を見たことがない(少なくとも小説では)。
本当にしょーもない話なのにどうしても最後まで読んでしまったという事実の前にはひれ伏さざるを得ず、この発想を得て、着手(犯行とも呼べる)に至った作者には心からの賞賛を送りたい。
たのしかった。

★★ Very Good!!

読み始めた時には「面白い発想だな」と思いましたし、主人公の行動の酷さにも笑えました。ただ、ストレス展開を完全に排除しようとした結果なのか、展開の予告が何回もしつこく行われたせいで、逆にストレスが溜まってしまいました。
展開を知らせるのが行数だったのも分かりづらさの原因ではないかと。行数で指定するより、ただ展開の順序を指定するだけのほうがわかりやすかったかもしれません。オチも予測はできてしまいます。
文章自体はもうちょっと長く、あっさりとした描写にすればもっと良くなると思います。

★★★ Excellent!!!

寧ろ更にその先の境地に達してるよ。
凄い。ストレスがない!ついでにドキドキがない!(ぉぃ

ラストは見ものです!(※既に初めの時点で終わり方は明かされているにも関わらず)というか初めの時点で物語の概要が説明されてる時点で吹いたけどね。
ラストの数行がとにかく凄い。

というか、そもそもこの作品を上手くレビューできない。読まないとわからないこのおもしろさがとてつもない。