魔術士探偵物語〜アルムウォーレン事件簿〜

作者 ボンゴレ☆ビガンゴ

普通に本屋で売っているレベルなんですよ、この作品!!

  • ★★★ Excellent!!!

 この話には「美」がある。
 完成度の高い美しいプロットのマジカルディテクティブダンディストーリーだ。

 まず、全体の構成バランスが非常に良くて、美しい起承転結がそこにある。
 無理な展開はなく、美しく流れるプロットは引っかかるところがない。
 またそれに伴う、伏線の張りと回収のタイミングと絶妙で美しい。
 その中で動くキャラクターたちにもよどみがない。
 とにかくすべてか整然とここにある。

 そしてそれらを読みやすい文章で表現し、独特の雰囲気を醸している。
 この雰囲気づくりが、非常にまたよい。
 タイトルから読み取れる雰囲気が、そのまま本文の中に再現せさていて違和感が全くない。
 近代的なアイテムも出てくるのだが、それらはすべて魔法道具に変換されている。
 その返還は下手すればギャグなのではないかと思うものもあるのに、なぜか普通に受け入れられるのは作者の技量によるものなのだろう。

 普通に書籍化されて本屋に並んでいても違和感がない作品だろう。
 エンタメ小説好きにはぜひ読んでもらいたい作品である。

 ごちそうさまでした!<(_ _)>

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

芳賀 概夢さんの他のおすすめレビュー 285