楽園の手

作者 GB(那識あきら)

62

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ひとこと紹介は本文からの抜粋。

……僕があほなのか、描写の美しさに見惚れてしまい肝心のストーリーが頭に入っていません。


読んでいてPS4をしている気分になりました。
風の音も聞こえました。
木々のざわめきも聞こえました。
泉の湧く音も、鳥の鳴く音も、照り付ける太陽の暑さも感じました。

楽園、の方に目がいきすぎました。今までで一番うつくしい描写力だと感じました。

読ませていただき感謝しかありません。ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

ある世界で下層民だった僕は、ある日、クレバスに墜落した。辿り着いた世界で、彼は「手」を収穫している……。


物語の内容は、要約するとこれだけなのですが。淡々とした描写のなかに現れる、妖艶で退廃的で凄味のある世界感にうっとりさせられます。この「手」は何かの象徴なのか? 「僕」とこの世界の関係は……? ミステリーかつ心理学的な興味もそそられて、つい、何度も読み返してしまいます。
お薦めのダークSFです。

★★★ Excellent!!!

まずは、その奇妙な世界観に驚かされます。
荒唐無稽な怪奇色の強い異世界を読ませるのは、筆者の巧みな描写力の妙です。
そして、読み進めていくとある価値の反転、倒錯に気づかされ、筆者のセンスに脱帽してしまいました。
見事な構成力に裏打ちされた、恐ろしいくらいに完成度の高い短編小説でした。

★★★ Excellent!!!

下層民の「僕」はある日、クレバスに迷い込んだ。
クレバスの中からは危険な獣が現れるのが常だが、
「僕」が訪れた世界は、「僕」だけの楽園だった。

その世界で、
「今日も僕は、手、を収穫する」

始まりと終わりの一文が同じという企画だそうで、
最初に読む謎めいた一文を、意味を知って読むと、
まったく違った印象、痛快なアイロニーを覚える。

みずみずしい手の色気ある描写もまた必見。
楽しく拝読しました。