『唯一人のレギオン』(仮)

作者 雪峰サクヤ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全41話

更新

  1. 第1話 薄暗闇の中、次第に意識が覚醒していく。
  2. 第2話 「神託? この国とは? 」
  3. 第3話 何が正解かも判らぬのだよ。
  4. 第4話 この二人は只者では無いと。
  5. 第5話 よ…世迷言を抜かすな!
  6. 第6話 横に居た女は焦りを隠せない!
  7. 第7話 溜息と共に、沈黙を破ったのは
  8. 第8話 では改めて、自己紹介をさせて頂きます 
  9. 第9話 我は名乗ってはおらぬしな。
  10. 第10話 申し訳ないのだが、了承して欲しい……
  11. 第11話 さて、この国の話をしましょうか
  12. 第12話 魔法とはどう言うモノなのですか?
  13. 第13話 ステータス等の鑑定が執り行われる事になった。
  14. 第14話 魔法が使えない様ですが、それが何か問題でも?
  15. 第15話 王都騎士団の質が、あれ程まで落ちていようとは……
  16. 第16話 模擬戦闘と言うよりも、この世界の戦力の調査
  17. 第17話 集団は時として個の能力を上げる。
  18. 第18話 騎士団長は騎士達へと指示を出す。
  19. 第19話 ノリトは騎装展開を始める。
  20. 第20話 両者、戦闘を開始せよ!! 
  21. 第21話 まさか!? 魔法が視えていると 
  22. 第22話 その状況に、シャルルは恐怖した!
  23. 第23話 お客様、お飲み物等は如何でしょうか?
  24. 第24話 謹んでお受けいたします 
  25. 第25話 夫婦を迎えるための部屋であろうか?
  26. 第26話 簡単で悪いが、カルボナーラにしてみた 
  27. 第27話 湯浴みの支度が整いました。
  28. 第28話 ノリト様、こちらで如何でしょう?
  29. 第29話 シャルルを脱衣所へと案内する。
  30. 第30話 レバーを押し下げると、シャンプーと言う洗髪液が出てくるの。
  31. 第31話 ふぃ~っ! やっぱりお風呂よね~ぇ!
  32. 第32話 綺麗…… 宝石箱のようです 
  33. 第33話 ノリトには来客が
  34. 第34話 本来の温泉とは違うとな?
  35. 第35話  シャルルの事だな。 それと、二人の母についてか 
  36. 第36話 予測……でしかないのですが。
  37. 第37話 ノリトには、こんな二つ名があるのよ。
  38. 第38話 私を庇うために、怪我を負ったのです。
  39. 第39話 立派なモノが付いているのは知ってるんだからねぇ!
  40. 第40話 アイギスはノリトを一目見て驚きの声を上げた。
  41. 第41話 異世界からの旅人……