転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。

作者 じゃがバター

16,622

5,932人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

二度ほどもういいかな、、と思って読み進めるのをやめてました。初めの頃は、主人公がドライで自分本位なのが目立ち、もういいかなぁーと途中で読むのをやめました。でも、顎割れ妖精が出たあたりから、コミカルさが加わり、主人公がはっちゃけてきて、思いやりが出てきて、世界が一気に広がった感じ。登場人物の個性はもちろん、出てくる精霊や妖精のクセが強くて、それによって主人公がまた面白みが出てくるのがとてもいいと感じました。一度読みやめた方いたら、もう一回読まれてみたらいかがでしょうか。

★★★ Excellent!!!

残念要素がいっぱいな主人公。初めは色々tueeee的な展開があったので、普通の勇者ものとちょっと違うな、って感じだったのに、のに・・・、ちょっとどころかかなり違ってた。
巻き込まれ勇者、でもなくて、好きに生きている主人公が羨ましいね(。>д<)
快適さを追求して、チートの使い方があさっての方に向いて突き進んでるから、楽しいったらない(*≧∀≦*)
まずは10話読んでみると良いよ。引き込まれるから!!!

★★★ Excellent!!!

書籍版を読んだ者なのですが、主人公の生き様や思考が手に取るようにわかって、楽しめました!
他の異世界物と一線を画すのは、主人公が前世で事故死とかしてない所(転移ですからね...)。
また、勇者とかの類になっておらず、平穏で快適な日常を維持することだけを考えて行動している点に非常に面白みを感じます!

「異世界物、飽きたわ」って方にこそ読んで欲しい作品です!

★★ Very Good!!

姉たちの勇者召喚に巻き込まれて離島にひとり放置された弟の話。と思ったら。しばらく後になってミスに気づいた神様たちが回収に来て、そこからは、生産と商売がメイン、時々無双、妖精たちとのゆるふわな展開に。実は勇者召喚の余波で世界が徐々に壊れる大変革の時期。という裏設定ぽい話も出てきたので、今後の展開が待たれます。

★★★ Excellent!!!

小説を読もうで拝読して、他にも同作者の作品はないかと探して見つけたのですが、ストーリーも面白いのでうが、主人公の性格やおとぼけ感がとても好きです。
周りのキャラクターも味があって読んでいて楽しいです。

下手をするとチート満載な主人公に辟易しそうなのに、主人公が魅力的(脱力的?)で、まぁいいよね。うん、この人にならこのぐらいの能力あってもいいや。無いと心配だしなんて思わせてくれる小説です。

今後の、ほのぼのしながらサラッととんでもない事をやって行ってもらいたいです。ドロドロした下剋上的なものもスカっとする勧善懲悪も嫌いではありませんが、そういう話ばかり読んでいるとドヨンとするので、こういうサクサク読めてほのぼの?する話はありがたいです。

★★★ Excellent!!!

他作品を拝見してファンになり、こちらも拝見。作品の世界観が綺麗に柔らかく、優しい雰囲気で描かれていて、行ってみたいなと単純に思います。
能力も設定もいわゆるチートだからなのもあるんですが、主人公がガツガツしてなくて安心感があるというか、ほのぼのできます。
世界の設定自体はきな臭かったりもしますが、いい意味でゆるく、そこで営む人々の表現が細かくて私は好きです。

★★★ Excellent!!!

この作品はよくある主人公チート物です、しかし途中から気になって仕方ない

これ主人公の肉親勇者が元々持ってたリアルチートが一番の恐怖じゃね?
まず召喚される条件にかすりもしない主人公を巻き込んで連れてきてしまう、そして主人公は自分にとって過ごしやすい環境を作ってるつもりだが実は勇者が長年かけて調教した結果、勇者にとってより良い環境が主人公のより良い環境のモデルになってしまっている、だから主人公は意識して関わらないようにブレーキかけても意識しなくなった途端に勇者にとって都合のいい影響を世界に与えはじめてしまっている
究極は勇者達がやらかしてる世界への悪影響のアフターフォローを主人公が自分の為に行っている、もう一度言おう主人公は勇者が巻き込んだのである、主人公を巻き込まなかったらあっという間に世界中に災厄がばら蒔かれてた事を思えばこの作品で一番のチートは勇者の主人公への影響力である
そりゃ主人公が一番最初に求めるスキルが徹底的に勇者に関わらないようにするスキルになる訳だ、スキルを得ていてさえ間接的に関わらされるんだから

Good!

設定が面白くて一気読みしました。
ただ気になったのは、異世界のんびりものによくある飯回が多いです。
あとは、いきなり脈略もなく新しい言葉(設定)や流れを断ちきる様な行動が多く、落ちつきがないって言った方が早いかもしれませんがそういう印象を受けました。
文章の書き方も、先に説明や流れから入らずに誰かの発言から入る事が多いですが、正直読みづらく感じたのと、その説明部分がすっきり纏まっておらず、思いついた事を後から付け足して書いてある事が多いので、余計にもどかしいというか、もうちょっと纏めたらすごい読みやすいのにって感じました。主人公の考えてる事やカギ括弧の使い方もですが。

ともあれ内容はのんびりものにしては面白く、今後姉との絡みやこの先どうなるのか気になります。更新楽しみにしてます。頑張ってください。

★★★ Excellent!!!

主人公に人間の知人、友人が増えていっても彼のパーソナルスペース(精霊達からもらった家)だけは完璧に維持しているのが素晴らしいと思います。
長編になるとそこに他人を引き入れ、パーソナルスペースとは?と頭をひねる展開になる小説が多いので、このまま維持してくれることを期待してます。
秘密のテリトリー内を知っているのが読者だけ!で物語が進んでいくのは面白いです。

※※※※※

ジーンが押し売りタイプの貢くん(古い!)みたいになってきた~。
主夫も貢くんも姉勇者に仕えていた名残か?
脱、従者体質!目指せハイヒューマン。

★★★ Excellent!!!

独特の世界観が素晴らしい。
夢中になります。

しかも、モノローグ風の文章が詩的で、異世界の自然の美しさが感じられる。

おいしいお料理はもちろんのこと、まわりの人々も魅力的。


何度も読み返してます。

今後の展開が楽しみです!(とにかく、大好きってことがいいたかったのです)

★★★ Excellent!!!

「異世界スローライフ」と銘打っている物語を最近よく見かけますが、実際に読んでみると「スローライフ……??」な感想を抱くものもまた多い気がします。
理由は、初っ端から生活向上よりハーレムが充実していったり、自重しなさ過ぎて速攻権力者に目をつけられたり懇意になったり、etc etc。

何よりまず言いたいのは、「何故に出会う(親しくなる)相手が異性ばかりなのか?」「事件、騒動、また事件(以下エンドレス)って何処にスローライフ=のんびり生活要素が!?」「俺(私)tueeeな戦闘と俺(私)sugeeeな生産と(逆)ハーレム成分ばかりのスローライフがあってたまるか!! ゆっくりのんびり生活しろよ!!! スローなライフしてねーよ!!?」。
ちょっと心に溜まったツッコミが溢れました。

対して、こちらの話はまさに異世界スローライフです。
1話こそサバイバルですが、住処を整え、森に川に食料を調達し、少しでも美味しく食べれるよう創意工夫して、冬に備えて準備をする、まさに生活そのものです。
精霊から家と能力を貰った後も、そのスタンスは変わりません。
上がった能力でできることが増えたり、楽になったり。変わらず住処をより居心地よく整え、美味しく料理し美味しく食べて、冬支度に保存食をせっせと拵えて、暖かい暖炉の側でのんびり物を作る、これぞまさしく異世界スローライフ物語。

初めて会う人と懇意になるのに時間がかかるのは当然です。ドライな人間関係も、現代日本人なら寧ろ然もありなん。人間不審気味ならなおのこと、時間だけが解決できることは多々あります。ゆっくりのんびり日々を共に過ごすうち、やがて『特別』になるのかも知れません。

この小説がもし漫画化されるなら、杉浦志保女史でぜひ読みたいところ。
眉間に皺を寄せた殺し屋な形相のアッシュも、甘いものを食べて花を飛ばすアッシュも、可愛いなぁと眺めるジーンも想像… 続きを読む