人間讃歌四重奏-ヒューマン・ヒム・カルテット-

作者 飴玉鉛

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全64話

更新

  1. 第一部「弱音は全て捨てていけ」
  2. 不条理はいつだって突然に、少年の理解を待ちはしない
  3. どん底にいる、そう思える内はまだ底がある
  4. 怒り、悲しみ、吼えても変わらないものがある
  5. 滴る悪意は粘性で、紳士の形である
  6. 人の不幸は蜜の味という、しかし彼は笑わない
  7. 僕は銃を執り、学びの路を歩む
  8. 君の名を知る、知ったことを知らぬまま
  9. 出会いは仕組まれて、しかし運命的だった
  10. 知っている人は、僕を知らない
  11. 邂逅は再会にも似て、監視者は饒舌に語る
  12. 善意は拒めず、未来もまた拒めない
  13. 最初の師は説く、宴の前兆を
  14. 強く在れと、告げられる
  15. 僕は独演し、無心を心掛ける
  16. 誰だって死にたくない、だから僕は自分を選ぶ
  17. 少年は思い、父も思う
  18. 少女と少年の関係は変化し、状況も変化する
  19. 貴婦人は希求し、少年は危急の時を迎える
  20. そして、旅が始まる
  21. 斯くて殺意を懐き、強き者へ至らん
  22. 第二部「抹消される“コールマン”」
  23. 牙を研ぐ、ただ静かに
  24. 迷宮への入り口へ臨む
  25. 紅の先触れ
  26. 停滞は赦さない、僕は駆け続ける
  27. 其処に足音はない
  28. 簡潔こそが叡智の真髄である
  29. 白鳥は水面下で慌ただしく
  30. 刻を待て、喝采を得んが為
  31. 擦れ違い、終わっていた関係
  32. 一寸先は闇、知らずに漕ぎ出す
  33. 痕跡を辿り、予期せぬ場へ
  34. ダブル・エンカウント
  35. 一つの嘘で、時代が動く
  36. ゲエンナの狼煙 (前編)
  37. ゲエンナの狼煙 (後編)
  38. 運命の秤が傾く先は 1
  39. 運命の秤が傾く先は 2
  40. 運命の秤が傾く先は 3
  41. 運命の秤が傾く先は 4
  42. 運命の秤が傾く先は 5
  43. 運命の秤が傾く先は 6
  44. 竜闘虎争 1
  45. 竜闘虎争 2
  46. 竜闘虎争 3
  47. 竜闘虎争 4
  48. 「邪悪だと気づいた事を、気づかれてはいけない」
  49. 竜闘虎争 5
  50. 「蛹の竜は羽化を夢見て」
  51. 竜闘虎争 6
  52. 「真作の人をこの手に掴む」
  53. 嚆矢濫觴、能事畢れり 1
  54. 嚆矢濫觴、能事畢れり 2
  55. 嚆矢濫觴、能事畢れり 3
  56. 嚆矢濫觴、能事畢れり 4
  57. 嚆矢濫觴、能事畢れり 5
  58. エピローグ「時の狭間で時を待て」
  59. 第三部「エピック・オブ・アーサー」
  60. プロローグ「帝国にて、六年後の未来」
  61. 虚ろな日々、己を探せ
  62. 六年越しの再起動
  63. 富貴在天、俎上之肉 1
  64. 富貴在天、俎上之肉 2
  65. 富貴在天、俎上之肉 3
  66. 富貴在天、俎上之肉 4
  67. 富貴在天、俎上之肉 5