千年王国978年目、崩壊の前兆と愛について

作者 みりあむ

愛screm

  • ★★★ Excellent!!!

神が創りし千年王国は、理想の楽園とは程遠かった。

ハルマゲドンにて、選ばれし人間のみが生き延びて、神を信じていた天使は悪魔にも成り果てる。

ただ誰しもが、愛を求めていた。

叶わない愛に飢えていた。

ままならないのは皆同じこと。

皆一様に、愛を叫ぶ。

天使も悪魔も人間も。

愛してくれよと迷い叫ぶ。

バラバラのピースが正しく配列された時。

神様の愛を知るだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

遠藤孝祐さんの他のおすすめレビュー 251