異世界に学ぶ新魔術~前世の記憶から発案した魔術式とエッセイ~

作者 安佐ゆう

165

61人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異世界転生もの。前世の記憶を持った天才魔術師が異世界で大活躍。
こう聞くと、よくある異世界ファンタジーかもしれませんが、こちらの作品は一風変わった切り口で新鮮に、面白おかしく仕上げてくれています。

物語と言うよりは手記のような形式で、アイディア溢れる日常魔術の紹介から、一口小噺を挟み、面白おかしく1話完結型で気軽に読めてとってもお得。

4コマ漫画のような軽さとアイディア。新商品にわくわくする気持ち。
そしてその割にしっかりと創られた異世界と魔術、語り口。
語られて行く冒険記は小噺から、少しずつ繋がりを見せ……見えて来るのは天才魔術師の冒険家業。

彩り豊かな日常魔術と冒険のお話を楽しんでみませんか?
おすすめの商ひ……作品です!!

なお、作中において語られるドレンシー魔道具店と、魔術師クレイドル・ハングマーサの間にはいかなる癒着も認められていないので注意されたし。

★★★ Excellent!!!

前世の記憶と冒険を頼りに、クレイドルがみんなに役立つ魔道具を紹介していく、一風変わったエッセイです。

一回ごとに利用料金がかかったりするなど、アコギな面は見え隠れするけど、人の役に立ちたいことや、自らの発明を極めてみたいといった姿勢には、とても共感できる。

魔道具を思いつく裏で、ちゃっかりきちんとした異世界冒険談が挟まれている。

異世界冒険物とテレビショッピング物(どんなジャンルだ)の両方が楽しめる。まさに抱き合わせ商品のようなお得さなのである←大抵そういう場合はお得じゃないだろ

安眠魔術は継続的に使用しようと思います。ありがとうございます。

いつか彼が、巨万の富と最愛の女性を手に入れられる日を夢見て。

彼の冒険は、これからだ!




今回の支払い金:205G

★★★ Excellent!!!

この魔術書に書かれているのは、敵を殲滅せしめる攻撃魔法でも、奇跡のような治癒魔法でもありません。
著者クレイドル・ハングマーサが私たちに見せてくれるのは、何気ない日常をほんの少し豊かにするアイデア。
それぞれの魔術式を私たちが使うには幾ばくかのGが必要ですが、すぐにでも活用したいものがたくさん詰まっています。
是非とも手許に一冊欲しい!

気になるのは、どうも癒着が疑われる(笑)ドレンシー魔道具店と、著者クレイドル・ハングマーサの年齢詐称疑惑。
この人、本当に書かれている通りの年齢なんだろうか……。
もしそうだとしても、将来とてもいいおっさんになりそうな優良物件です。
なんなら著者ごと青田買いしたい気分です!

★★★ Excellent!!!

本作は、本当に『新魔術』だと思います。

魔術師のクレイドル・ハングマーサが、エッセイ風に著しております。

主に、『魔術式』について、カガク的かつ異世界的に使い方を語り、まとめとしてそれを使うに当たっての著作権をGで表記してあることが多いです。

また、途中冒険もあります。

奥底へ行ったときは、どうなることかとひやひやしました。

そんなときでも、魔術式を応用し、苦難から逃れます。

怪奇な生き物も登場しております。

彼らとは、戦うだけでなく、利用する道も考えておられるようです。

そして、このクレイドルは、元はニホンでサラリーマンだったと言うではないですか。

その前世の記憶を辿って色々と発案した感もあります。

偶に、テレビショッピングにありそうで、昭和にありそうな魔術式が潜んでいるので、既に昭和の主婦層に支持されているでしょう。

ときに綺麗な魔術式もあります。

花火や虹が私にとって美しく、歴史に残したいクレイドル魔術式だと思うのです。

様々な楽しみ方がございます。

読み易い文体となっております。

是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

ぐーばー、ぐばば!
ぐば、うばああああ!
もぎゃー!

もぎゃぎゃ!
もげええええ!
(本作は物語ではなく、架空の学術書である。日本の知識を持つ著者が異世界に行き、魔法を学ぶ。そんな彼が残した書物というていで書かれた本作は、架空でありながらも一種の学術書を読んでいるようである)

★★★ Excellent!!!

いや、もう読んで! 面白いから!
元々この作者さんのお話は好きですしファンタジーなら絶対読んでおかなきゃと、寝る前の楽しみで拝読しましたところ、止まりません!
特に主人公クレイドルの「著作料」に関する部分が楽しくてしようがない
75Gぽっちで安眠できるのなら……と思うのは今が真夏だからでしょうか?(※Gはお金の単位ですよ間違えないで!)
お金を払って便利な魔術を使いたいと思い始めたら、あなたもクレイドル・ハングマーサの著書の虜!!