虜囚達と夜のユリシス

作者 銀鏡 怜尚

ただただ圧倒される。

  • ★★★ Excellent!!!

カクヨムコンの初期から、数々の高評価を受けていらっしゃる作者様の最新作です。
そんな前評判もあり、この方の作品はいつか絶対に読もうと決めていました。
運よく、その機会を設けることができ、さあ読むぞと最初のページをめくったら――

ただただ圧倒されました。

まずは情報量。
入念に下調べされた刑務所の知識、そして作者様の持ち味である医療の知識。
これらが余すところなく配置され、作品全体のリアリティをとてつもなく底上げしてくれます。
これほど細部にこだわった作品ですから、おのずと重厚感が生まれ、大変読みごたえのあるものに仕上がっていました。

次に表現力。
豊富な語彙により綴られた文章は、硬質でありながら読みやすく、グイグイと作品の世界へと引き込んでくれます。
すべて読み終えてから文字数を確認して、20万文字を超えていたことに驚愕。
長さをまったく感じさせないほど、卓越した表現力でした。

そして濃密な心理描写。
登場人物の考え、迷い、怒り、嘆き、狂気……いずれもがダイレクトに伝わってきました。

この他、先を読ませない構成や複雑に入り組んだ人間関係、伏線などなど、挙げればキリがありません。
読みながら何度「凄い……」と呟いたことか。

内容は他の方が触れていらっしゃるので、私から敢えて語ることはしませんが、「とにかく読んで下さい、凄いから!」の一言に尽きます。
個人的には、本作がホラー・ミステリー部門の大賞候補。
願わくばライトノベルのレーベルではなく、一般文芸のハードカバーとして発刊して欲しい。
そう願わずにはいられない、珠玉の作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

ええっ! この物語は二十万文字を超えていたのか!
読了後に気づき、あらためて「読ませる」小説であることを再認識いたしました。
主人公の職業が刑務官という、一般市民にはあまり馴染みのないことにまず驚き… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

パチリ、パチリと小気味良い音を立て、一部の隙間もなく美しい絵を完成させるジグソーパズル。
本作も、散りばめられた無数のピースが綺麗に繋ぎ合わされる過程を楽しみ、出来上がりの余韻に浸れる、そんな良質な… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

女性を殺害した後に臓器を抜き取る、という猟奇殺人事件の犯人として刑務所に収監された青山。しかし、その素行は凶悪犯とはとても思えないほど良好だった。
刑務官の鮎京は疑問を抱き、青山が犯したという事件に… 続きを読む

庵(いおり)さんの他のおすすめレビュー 26