来世でまた逢えるのなら、今度は君と何を話そう

作者 星崎ゆうき

来世でまた逢えるなら、今度は君と何を話そう

  • ★★★ Excellent!!!

レビューですが、タイトルをそのまま書かせて頂きました。

色々と考えたのですが、これ以上この物語に相応しい言葉はありません。思い付きませんでした。

儚く、切ない物語でした。読了後の胸中色々な思いがグルグルしてます。
泣く、のとは何か違う形容しがたい感情です。

他の皆さんとは違うかもしれませんが、それでもあえて、私なりに表現させてもらうなら、とても素敵なお話でした。

心のあり方は本人しか分かりません。
ズレがあるから、すれ違います。

それでも、葵の書いた文字は彼女の言葉で、短くまとめるために考え、筆談する彼女を素敵だと感じます。

タイトルと同じ、物語最後の文章で指を止め、暫く画面を眺めていました。

ネタバレになってしまうので、応援コメントの方で書かせて頂きましたが、あのように思っています。
読み終え、タイトルをもう一度読み返して、彼女とまた逢えるといいな、ともそう思いました。

なんか、長くなってしまいましたね。
でも、凄く心の琴線に触れる物語でした。ありがとうございます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

べる・まーくさんの他のおすすめレビュー 88