お隣の吸血鬼くん

作者 無月

35

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

このお話は吸血鬼男子が主人公なのです。そう、ドラキュラです。その時点で血走る恐怖に身もよだつ系の物語を思い浮かべるものです。夜な夜な生贄となる美女を狩ってはその生き血を吸い、ウヒヒヒと冷酷に笑う、そんな吸血鬼……のお話なのねきっと、と思うものです。はい、私もそうでした。

私の今までの決して短くはない人生の中で読んだ吸血鬼ものでお気に入りはTwilightでして、全巻読破、映画も五作全て、パロディ映画まで全部観ました。(ちなみに私はTeam Edwardです。そんなこと誰も聞いてねえ? はい、申し訳ございません。)そこに出てくる吸血鬼の皆さんはなんともまあハイスペックで、ほぼ無敵、不死身、美貌の持ち主という完璧なお方々なのです。

が……このお話の主人公の吸血鬼くんは、超がつくヘタレ。日々頑張っているのに全く報われなくて、読者の同情を誘うと申しますか……彼がこんなのはお父さま譲りなのでしょうか……本当に心優しい少年なのです。優しすぎるので、気の強いヒロインに振り回されています。吸血鬼としての本領も発揮することはするのですが……

作者さまは、現代社会にひっそりと隠れるようにして生きている吸血鬼を書かれています。周りと違うということで差別やいじめに遭ってしまうため、吸血鬼であることを隠して生きている彼ら。特に理由も無くただ吸血鬼を忌み嫌う人々。現実社会には吸血鬼ではなくても同じような問題が潜んでいますね。コミカルなこのお話ですが、根底にはこんな真面目なテーマも流れています。

とにかく、本編から番外編まで大いに楽しめました。皆さんもどうぞ健気な主人公を応援してあげてください!

★★★ Excellent!!!

 皆さん、この物語のジャンルは「現代ドラマ」となっています。
 しかし私的には、「これは恋愛じゃないッ⁉」と思わず突っ込んでしまいますw
 それほどまでにキュンキュンするんです。特に本編の後半。ヤバイです。
 あまりネタバレするといけないのですが……ただ、主人公である皐月ちゃんが……。

 鈍いのです。
 鈍い上に重度のブラコン(あくまで弟に過保護ってだけです)なんです。
 中々進展しないのです……。

 というわけで、ツンデレブラコン女子と、幼馴染が原因で女子アレルギーになった海のように心が広い吸血鬼の太陽くんの続きを知りたい方は、是非「埋まらない、追いつきたい。僕等の12センチ」をお勧めいたします!

 ……あれ、このレビュー、吸血鬼要素まるでない(汗
 ちゃんと吸血鬼のお話ですよ!!!!

★★★ Excellent!!!

あらすじにもある通り、公に吸血鬼の存在が認められ、社会に馴染んでいる世界のお話です。
闇に潜んでいたりはしません。普通に人間と同じように生活をしています。

優しいけどとても気弱な吸血鬼、基山君と、
両親を失い姉弟で頑張って生活している、水城さん。

基本的に2人の日常、学校生活を中心に話は進んでいきます。
後半はちょっとした事件が起りますが、苦労をしている2人の高校生の悩みを描く、ちょっと変わった現代ドラマ。青春と……あと、恋愛の物語。


とても優しいお話でした。
それぞれが、色んなことを考えて、思い遣って、動く。
心の動きがしっかり書かれていて、感情移入できます。

キャラクターも魅力的でした。
水城さんの弟、八雲君が良い子すぎて涙が出ます。


楽しんで読むことができました。面白かったです!

★★★ Excellent!!!

凄く、すっごく面白かったです!
キャラクターが魅力にあふれ、とても優しく温かい気持ちになれるお話でした。

わたしがこの物語を読了して、皆さんに一番お伝えしたいのが、この《優しく温かな気持ち》です。

これは真似したくてもできないものだと舌を巻きました。
登場人物の想いが、行動だけではなく、料理や、言葉、文章の至るところにあふれとても素敵なお話を作り上げています。
面白かった!のはもちろん、読み終えたあと思わず微笑んでしまうそんな素敵なお話でした。

世界観も、日常に少し不思議が混じった非日常だからこそ、日常を舞台にした登場人物が輝いて物語を彩ってくれています。

さて、お話は吸血鬼の存在が公に認められている世界で、引っ越し先のお隣にいたちょっと気弱な吸血鬼の男の子と出会うところから始まります。
ところがこの男の子吸血鬼なのに血は吸わない、女子アレルギー、おまけに超がつくほどお人好し。
サバサバしたもう一人主人公と日常が少しずつ重なっていくのです。

ある日起こる事件、その結末は……是非、ご自身で確かめてください!
絶対、あなたは笑顔になってますから!保証します。だって、読了したわたしは、今笑顔でレビュー書いてますから。

本当に面白かったです。是非皆さんにもこの《優しく温かい気持ち》を共感して頂きたいっ!

★★★ Excellent!!!

高校生の水城皐月は、両親の死去に伴い、弟の八雲と共に『八福荘』というアパートに引っ越してきた。

お隣に住むのは、同じ高校に通う基山太陽。
なんと彼は吸血鬼。

でも大丈夫。
襲われることはありません。
この物語の中では、吸血鬼は社会に認められたれっきとした「個性」なのです。

そして。
彼は陽の光に過敏だったり、にんにくの臭いが苦手だったりするけれど、基本的には人間と変わらない。

むしろ。
困っている人には手を差し伸べ、年下には優しく、とても紳士的。
暴力的でも血にも飢えていません。
優しい。ただただ、草食系男子。

彼が唯一苦手な物。
それは。
女子。

そんな吸血鬼と皐月のハートフルな毎日を、どうぞお楽しみください!

★★★ Excellent!!!

吸血鬼の男って
俺様で
強くて
自分に自信があるって思っていました。

そんな吸血鬼のことが
素敵って
そう思っていました。

わたしは弱くて臆病で繊細なところがあるので
強いキャラにあこがれるのです。

ですが、この作品を読ませていただいて
吸血鬼のイメージが
大きく変化してゆきました。

新しい
吸血鬼を
見せてくださって
ありがとうございます。