俳句倉庫

作者 愛宕平九郎

62

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

瑞々しいキュートな感性でうたわれる俳句と、そこに影絵のように寄り添う散文の楽しさ。

伝統的な定型詩を選びながら、詠われる内容は今この時であり、十七音で切り取られる映像はわたしたちの見慣れた景色であることに驚かされます。

定型で表現する難しさや細やかな季節感の深さを越えたところにある、この時代の俳句(と短歌)の可能性にぞくぞくする作品です。

俳句や詩に限らず、言葉で表現する楽しさを感じました。

★★★ Excellent!!!

俳句または短歌と、軽やかなエッセイとで構成された作品です。
作者様の言葉はどれも素直で明るく、読み手をするりと情景の中へ連れて行ってくれます。感性の豊かさと、ものを見る目の斬新さ。そして感じたものを軽やかに魅力的に読み手へ伝える高い筆力が、そこから感じられます。
純粋に言葉に触れる楽しさを思い出させてくれる、明るさに満ちた素敵な作品です。

★★★ Excellent!!!

俳句・川柳・短歌、全くの素人ですが、読ませていただいているうちに
なるほど……、と何回も頷きました。

たった十数文字で表現させる世界、そこに広がる背景や情景、そんなことを思いながらもう一度俳句を読み直すと、また違った気づきがあるのかもしれません。

★★★ Excellent!!!

私は俳句や詩が苦手でした。単純に私の頭が悪いだけで、その深さや面白さに気付けない程の残念な脳ミソだったのです。

しかし、本作を読み俳句の素晴らしさに気付く事が出来ました。
作者の句を詠んだ心境や何故詠んだのかを説明して頂き、初めて面白いと思えたのです。特に、ここはこうすれば良かった等の後悔をされている姿が印象的でした。作っている最中の句。その後に冷静に句を見直した時の感想が面白い。言葉一つの深さが伝わります。更にコメント欄も必見でした。

様々な方の意見が俳句の素晴らしさを一層に引き出していると思いました。

これからは俳句や詩を毛嫌いせず、積極的に読んでいこう!
そんな気持ちにさせてくれました。

作者様。私に新たな楽しさを教えて下さり、本当にありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

……といえば俳句です。私は専門家ではありませんし、愛好家というワケでもありません。
でもこの作品をすごく楽しむことが出来ました。
まずは冒頭に一句が提示されます。これをじっくりと眺め、短い言葉たちが紡ぎ出す世界にぼんやりと浸ります。
続いて現れるのが解説やちょっとした短編。
それを読むことで自分の見ていた情景とはまた別の世界が広がります。
そして冒頭の俳句に戻ってみると、また新たな世界でその俳句を眺めることになります。
この感覚がとても面白い作品です。
まだまだ続きが期待できそうなシリーズ。
たまにはのんびりとこんな世界を読んで見て欲しい!な作品です。

★★★ Excellent!!!

俳句の世界は奥深く、私なぞがどうこう言う事は本来なら避けるべきなのですが、この作者様の心根が暖かく響き渡る作品群に触れ、思わず筆をとった次第。

5・7・5の短文で情景や気持ちを表すのは難しく、私も試しに挑戦してみましたがなかなか上手くいきません。
頁内で作者様も作品について振り返っておられますが、ここまで書けてもまだまだ納得が行っておられない御様子。

深いなあと、唯々感心致します。


★★★ Excellent!!!

これまで私は、俳句に触れる機会に恵まれておらず、俳句の世界はわからないことだらけなのですが……

だからこその新鮮さを、拝読させて頂きながら感じました。

短編・長編共に小説が長い映像だとしたら、俳句や川柳は出来事の一瞬や、フッと淡く消える憧憬を切り取った写真のようなものなのかなぁと思いながら、レビューを書かせて頂きました。

短い言葉に込められた背景を、読み取ることの楽しさを知れたように思います。

★★★ Excellent!!!

俳句かぁ……なんて思っている方々ちゃんと俳句と向き合った事がありますか?

実は、私も全然向き合った事がありませんでした。
この作品を読んだだけで、向き合ったとは言えないのでしょうが……正直認識を改めさせられました。

五・七・五の俳句から伝わる文字数以上の情報量。世界。想い。匂い。声。

――目からうろこです!

俳句一句で一物語。なるほど、これだけで物語になるには十分だとそう思わされました。私的にちょっと衝撃的な出会いでしたね。

偏見以前に『俳句ぅ?』とか思っている方々、一度この世界に触れて向き合ってみるといいですよ。

★★★ Excellent!!!

永遠に存在しないからこそ、光る思いに、季節の描写が突き刺さります。

イメージを浮かべた先に見えるものは人それぞれ違いますが、だからこそ共感できる俳句がここにあります。

まだ始まったばかりですが、これから先の更新を期待して、首を長くして待つことにします。

是非、ご一読を!

★★★ Excellent!!!

 俳句にストーリーを付与する形式の作品です。
 評価すべき点として、俳句だけでもしっかりと意味が伝わるということと、十七音という限られた音数の中で不要な言葉を削ぎ落とし、逆に必要な言葉は欠かさないという洗練度が素晴らしいです。
 切ない題材も心に響きました。