廃された王に捧ぐ一膳

作者 名瀬口にぼし

たった一杯の粥。そこに込められた想いに、涙する。

  • ★★★ Excellent!!!

 歴史が苦手な方でも、全然大丈夫な内容でした。とにかく登場人物たちの感情表現が豊かで、ついつい感情移入してしまいました。小生も歴史は苦手でしたが、この作品はあっと言う間に読み終えて、最後には心に刺さりました。主人公が作る粥。その優しい味と心に、是非、触れてみて下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夷也荊さんの他のおすすめレビュー 800