廃された王に捧ぐ一膳

作者 名瀬口にぼし

心に刺さる棘のようなもの

  • ★★★ Excellent!!!

 カクヨム公式より紹介され、拝読させて頂きました。
 読み進めて行くうちに、結末がわかってしまう。わかっていても、読んでしまう。悲しさ・覚悟・焦燥・諦念、それら全ての感情が、ない交ぜになって心に引っ掛かってきます。

 ここまで濃密な感情の波があったでしょうか。短編小説とは思えないものでありました。

 他の方々にもオススメ出来るものです。是非ご一読を。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

皇 将さんの他のおすすめレビュー 35