15センチの先

作者 月花

枷をはらい、新たな物語へと進む瞬間

  • ★★★ Excellent!!!

あらすじやタイトルに翻弄されつつ迎えた読後、襲ってくる余韻は相澄んだ水のよう。

禁断の感情、駆け出そうとする想い、踏みとどまる想い、そして真実の先。

感情の揺らぎが分かり易く書き出されていて、誘導技術も高いので、この物語を読んで気持ちが迷子になる事は、まず無いはず。

更に、眼を斜に構え、物語の内容以外の場所を見据えれば、『これぞWEB小説』であり、作者様が目指す頂近くにある物を読んでいるのだと、確かな手応えを感じる事ができる。

素晴らしいという言葉より、本当にお疲れ様でした、という労いの言葉を贈り、賞賛と代えたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

佐月 詩さんの他のおすすめレビュー 379