15センチの先

月花

第1話 線引き

15センチって決めていた。その先にいけば……自分を止められそうにないから。


「ねぇ~いつまで寝てるの?起きなよ、遅刻するよ~!」


凛とした声が、夢と現実の狭間で耳をくすぐる。本音は、もうちょい、この眠気をむさぼりたいけど……。


「分かったよ、起きるからさ。ていうか、何回言ったら分かんだよ?ノックなしで入って来んなっつってんだろ?」


俺はベッドの中で半身を起こしながら、ボヤいた。すると、尖らせた口から漏れる不満が聞こえてくる。


「なに言ってんのよ?他人じゃないんだし、部屋ぐらい入ったっていいじゃない」


他人じゃない、か……。


ダメなんだよ、それじゃ。


俺の中じゃ、それ理由にならないんだよ。


「うっせ~な、朝から。今から着替えるんだから出てけよな」


「はい、はい」


諦めたように、部屋から出ていく姉貴。


「はぁ……」


髪をぐしゃぐしゃとかき混ぜた。胸の鼓動がまだ少し速い。ベッドまで来る勢いだった。そんなことされたら……15センチを越えてしまう。


(朝から心臓に悪いな)


俺はベッドを離れてクローゼットに行くと、Tシャツとジャージを脱ぎ捨て、高校の制服を取り出した。代わり映えのない制服に着替えながら、姿見の中の自分を見つめる。


「似てねー」


鏡の中の自分と姉貴を重ねて、呟いた。


目も鼻も口も、中身も。何一つ似てない。


なのに家族って、どういうことだよ?


ネクタイを締めながら、自分の運命を呪った。


階下に降りると、母さんと姉貴がキッチンに立っている。


由哉ゆうや、おはよ。早く朝ごはん食べちゃいなさいよ」


「ああ」


俺のテーブル席には、白いプレートに、トマト、レタス、スクランブルエッグ、バタートーストが乗っていた。席に着き、テレビから流れてくる朝の情報番組を何となく聞き流しながら、トーストに手を伸ばす。


「綺麗に出来たじゃない」


母さんの声に、上半身だけキッチンに向けると、姉貴が焼き上げた卵焼きを皿に移している。


「だんだんコツが分かってきたのよ」


ちょっと誇らしげな声で言う姉貴。


高校に入ってから、姉貴は自分で弁当を作り始めた。それからお菓子作りもブームなのか、よくクッキーなんかを渡される。昨年のバレンタインには手作りチョコも、もらったっけ。


「甘いもん好きじゃないんだよな」とか言いながらも、しっかり食べた。家族に渡すチョコレートなんて、もはや義理ですらないのかもしれないが。それでも、姉貴が作った何かを食べるのは嬉しい。


そんな本音言ったら、キモいだけだろうけど。


「姉貴。そんな悠長に弁当作ってると、学校遅れるぜ?」


俺は、スクランブルエッグを半分に折ったト-ストに挟むと、かぶりつく。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます