猫町の珈琲屋さん

作者 櫻井彰斗

★★★ Excellent!!!

ふわふわした時間

 香りが伝わってきました。
 港町の潮の香り、猫に顔を埋めたときのお日様のような匂い。丁寧に淹れられた珈琲のかぐわしい香り、トーストが焼き上がる香ばしい匂い。シナモンの甘い香りにガーリックのつんとする匂いまで、まさに文章から「匂い立つ」という表現がぴったり。
 どちらが優位かまるでわからない二人の絶妙な関係も含めて、何から何まで心温まる、そんな素敵な物語でした。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!