スーパーカブ

作者 トネ コーケン

452

165人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

私が初めて買ったバイクは、物語のようにカブではなく、スズキのInazuma400というバイクでした。ただ、それに乗って色々な所に旅立った、大学時代。読んでいて、Inazuma400に乗っていた思い出が蘇り、そして、思い出を重ねさせてくれる、そんな素晴らしい作品でした。ありがとうございました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

今さら言葉を並べるまでもないかもしれません。カクヨムからの書籍化作品の中でも、特に一般小説寄りの素敵な読み味を持った作品でしょう。

一台のスーパーカブと出会って人生を変容させていく主人公。
10代の若者にとって、乗り物の違いはそのまま行動範囲の違いなんですよね。
徒歩より自転車。自転車よりバイク。(そしてその先には自動車。)
この年頃ならではの、交通手段ひとつで世界が大きく広がっていく感じがよく表れているのが、この作品の一番の持ち味だと思います。

そして、最終話のラストの一文は鳥肌物です。どんな大量生産品も、一つ一つ、手に渡った人の人生を変えている。作者の思いが込められた一文ですね。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

それほどガツガツしているわけでもなく素朴な感じが良い!読んでてほっこりできて満足感のある「一口饅頭」みたいなお話で電車での行き帰りに読むのに丁度良い感じ。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

僕はバイクにうといのですが、全編にさりげなく織り込まれた作者のカブ愛に興味を惹かれました。というより、「そうか、カブとはそれほど優れたバイクなんだ!」と感心しました。

それほど優れたバイク、あるいは道具を手にすることで、何も持たない少女の暮らしが少しずつ変わり、成長する姿に胸をうたれます。というより、僕も彼女を見習わなければ。
敬意を持って★三つとさせて頂きます。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました