長編・お仕事小説 『それでも、火葬場は廻っている』

作者 くさなぎ そうし

死と向き合うことは、生と向き合うこと

  • ★★★ Excellent!!!

死はなかなか縁がないようで、実は身近なもの。
葬儀場も、多くのかたが一度は足を運ぶであろう場所。
しかし、そこで働くひとや仕事内容はあまり知られていないのが現実です。
そんな業界にスポットを当てた作品です。
第一章は、新入職員の視点で物語が進んでゆきます。
そこで描かれる人間ドラマは、一度間違えたら直すことはできないくらい繊細です。その繊細さが、なぜか例えようのない「美しさ」のように感じてしまいます。

人は死と向き合うとき、自分やほかの人の思い、今後の身の振り方(=生)にも向き合います。

「美しさ」と、「死と生」という対照的な概念に向き合う、作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

最新話まで読了。火葬場が舞台ということで暗めの話かと最初は思いましたが(確かに死にまつわる話なので暗い面もあるのですが)、登場人物のキャラが素晴らしく立っていて(ネタバレになるので書けませんが、驚き… 続きを読む

紺藤 香純さんの他のおすすめレビュー 642