青藍に問うてみよ。

作者 朔 伊織

参加中
詩海

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全64話

更新

  1. 万有
  2. 萩原 伊沙楽 I
  3. 彼ら
  4. 青藍に問うてみよ。
  5. タガタメ
  6. ひかりのこころ
  7. 傾城にて
  8. 白紙桂秋
  9. アブサン
  10. 酸歌
  11. 寂寞
  12. 雨に吠える
  13. 拝聴
  14. 籐椅子
  15. パクった
  16. O rion
  17. 春の子
  18. 深域
  19. 荻原 伊沙楽 Ⅱ
  20. 立華
  21. 不夜
  22. 解毒草
  23. 白廃の庭 〈〉
  24. 嗚呼、秋晴れの
  25. 白痴無垢
  26. 爛々
  27. 七夜
  28. 飽く 〈〉
  29. 場所 〈〉
  30. 含み
  31. 弾き手の
  32. 水面
  33. 地上の都
  34. 不随
  35. 萩原 伊沙楽 Ⅲ
  36. 知多
  37. 明日は我が身
  38. きっと笑う
  39. 後ろ見
  40. 片腕に思う
  41. あの男
  42. Giovanni Animuccia
  43. 空夜の果てるに
  44. 星が数える
  45. 晴れる
  46. 中頃の月
  47. 餓死 〈〉
  48. 感覚の人
  49. 菊探し
  50. 禍ツ神
  51. 荻原 伊沙楽IV
  52. 神苑
  53. 日曜日の朝
  54. 母胎回帰
  55. 越境時効
  56. 啄み
  57. しみったれた〈〉
  58. かくかくしかじか
  59. 悦に浸る
  60. さしもあらず []
  61. 私は間違っているが世界はもっと間違っている
  62. 謐々と香る[]
  63. 果てたはずで
  64. 消える日が
  65. 春雷
  66. 萩原伊沙楽 Ⅴ
  67. 禁厭
  68. 色彩電灯
  69. 宗教風
  70. 偉才 〈〉
  71. 戯言