日当たりのいい家

作者 古池ねじ

寂しい。けれど、生きていく。

  • ★★★ Excellent!!!

優しい夫。美味しい食事。皮肉屋の幼馴染。いなくなった家族。小説家の父。遠い日の約束。
ゆるやかに、けれど容赦なく流れていく時間の中で、主人公のゆすらが感じる寂しさ、呼吸のし辛さが、豊かな情感で描かれています。
寂しさの影に何度呑み込まれても、生きていくこと。生きていけること。それを柔らかい手触りで、教えてくれたお話でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

一初ゆずこさんの他のおすすめレビュー 112