日当たりのいい家

作者 古池ねじ

癒しの音楽を聴いているよう

  • ★★★ Excellent!!!

読み始めてから読後まで頭の中に小川のせせらぎとピアノ独奏曲ジムノペディ第1番が流れていた。文調と情景が幻想的ですらあった。
恋愛小説なんだろうけれど、大衆文学なんだろうけれど、純文学の薫りがする作品。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@Sweet-Peaさんの他のおすすめレビュー 143