紀元三〇〇年七月七日

作者 維嶋津

どうか永遠に遠くにあって欲しい、「ぼく」の果てしなく過酷な世界

  • ★★★ Excellent!!!

時間を忘れて読み進めてしまいました。

途方もないディストピアにいざなわれる「体験」をさせていただきました。むせかえるようなSF的ルビもそれを助長させてくれる。繰り返される惨たらしい描写、読み進めるのが怖いのですが引き込まれてしまいました。うん、SFでした。

私はこういうのが好きだったのだなという気持ちを久しぶりに思い出しましたね。ドMなので(そっちかよ)
失礼しました。ともあれ、描き出されている「遠」未来がこの、わたしたちの現実にとって果てしなく遠く、実現されるものでないように祈りたいところですね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

コミナトケイさんの他のおすすめレビュー 81