覇王の秘密

作者 犬のニャン太

戦国時代ダイジェスト版、人気武将たちの闇を穿ったオリジナルアレンジ

  • ★★★ Excellent!!!

織田信長、徳川家康、明智光秀、豊臣秀吉を軸に、
有名な戦国武将の「闇」に注目したエピソード集。
織田軍の華やかな勝利の陰でに滅んだ家の因縁や、
女系の血筋に目を向けた叙述に、時にゾクリとする。

各エピソードは短く簡潔で、ダイジェスト版といった印象。
もっと突っ込んだ描写や記述がほしい場面もあるが、
呼称等の言葉遣いが徹底しており、雰囲気が抜群にいい。
かなりの量の資料を読み込んだ上での執筆なのだろう。

時系列的に点と点をつないで描かれる戦国時代像は、
薄暗い情念と怨嗟が燃えるようで、静かだが烈しい。
個人的には、武田氏の滅亡と織田家の兄弟の因縁や、
南光坊天海に関する独自解釈が特におもしろかった。

どちらかと言えば、戦国時代に通じた読者向けの作品だろう。
時代の流れの全体像をつかんでいれば、より深く楽しめる。
とはいえ文章がよく、戦国時代初心者にも読みやすいはずなので、
興味があればぜひチャレンジしていただきたいと思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

氷月あやさんの他のおすすめレビュー 340