覇王の秘密

作者 犬のニャン太

21

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

歴史上の『覇王』、すなわち天下人。
戦国時代では、信長、秀吉、家康の三人です。
この三人が抱える「秘密」とは何か?
それぞれの「子」にまつわる秘密を縦糸として、大胆に歴史の裏側をえぐっていく傑作です。

信長の子である信忠、信雄、信孝、そして勝長。信忠の出自の秘密が、本能寺で信忠が逃げられなかった理由として語られます。
秀吉の子である鶴松、秀頼。なぜ鶴松は祝福され、秀頼は祝福されなかったのか。にもかかわらず、秀頼が秀吉の実子として滅ぼされた理由は。
家康の子である信康、秀忠。秀忠が生まれた直後に、信康が切腹して果てたのはなぜか。

そしてもう一人、覇王未満の男、明智光秀と、その子、光慶。彼等も重要な役割を果たします。

その一方で、女の影も見落とせません。生駒御前、築山殿とお大の方、西郷局、そして春日局。
女の確執と怨念が横糸となって縦糸の秘密と絡まり、壮大な絵巻物を織り上げてきます。

覇王の懐刀、黒田官兵衛や本多正信も実に魅力的に描かれています。そして南光坊天海についても、非常に斬新な解釈で描かれます。

斬新な説にも説得力のある裏付けがあり納得がいく、非常に面白い作品です。

戦国史が好きなら、ぜひ読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

史実に大胆な脚色を加えていながらも、人間の欲望や忠節、弱さ、狡さが全編を通して生々しく描写されていて……血肉が通った、生きた人間を感じられる作品だと思います。
淡々と事実だけを記したところにも何かどろりとした人間模様がありそうなところが、特に印象深かったです。家康の長男の自害の一方で、赤子が生まれていたりとか。黒幕説に繋がりそうな、本能寺の変直後の描写も好きです。

個人的には、やはり最後の一編が一番好きです。家康が成した数々の策謀の裏にあった、譲れない信念の吐露。そういうのがツボですね。

★★★ Excellent!!!

歴史小説や大河ドラマでは語られる事のない角度で、有名な歴史事件後の闇の部分を、主に【女性】というキーワードを主軸にして見事に描いていると思う。

吉乃様の子供達、信康事件、武田の滅亡、本能寺の変、小牧長久手、そして大坂の陣、そして江戸幕府250年礎。

他の歴史小説で山ほど書かれている箇所は見事に端折り、歴史好きには釈迦に説法になりかねない部分を大胆にショートカットしながら、目から鱗の新説をバンバン投げかけてくれます!

妄想が膨らんで寝れなくなります。
お酒飲みながら真田丸1話目から見直したくなりました。
何故なら、本作に登場する徳川家康さんと本多佐渡守さんが、真田丸 に出てくるお二人のマンマなんですよ(笑

歴史好きは必見ですー!

★★★ Excellent!!!

織田信長、徳川家康、明智光秀、豊臣秀吉を軸に、
有名な戦国武将の「闇」に注目したエピソード集。
織田軍の華やかな勝利の陰でに滅んだ家の因縁や、
女系の血筋に目を向けた叙述に、時にゾクリとする。

各エピソードは短く簡潔で、ダイジェスト版といった印象。
もっと突っ込んだ描写や記述がほしい場面もあるが、
呼称等の言葉遣いが徹底しており、雰囲気が抜群にいい。
かなりの量の資料を読み込んだ上での執筆なのだろう。

時系列的に点と点をつないで描かれる戦国時代像は、
薄暗い情念と怨嗟が燃えるようで、静かだが烈しい。
個人的には、武田氏の滅亡と織田家の兄弟の因縁や、
南光坊天海に関する独自解釈が特におもしろかった。

どちらかと言えば、戦国時代に通じた読者向けの作品だろう。
時代の流れの全体像をつかんでいれば、より深く楽しめる。
とはいえ文章がよく、戦国時代初心者にも読みやすいはずなので、
興味があればぜひチャレンジしていただきたいと思う。