幼馴染が自動販売機型サイボーグになった経緯について。

作者 ロッキン神経痛

まさか、自販機型兵器に感動させられるとは……

  • ★★★ Excellent!!!

タイトルからは想像もつきませんが、とても悲しく残酷な純愛物語です。
時代の流れに翻弄されながらも、自分の愛する人を最期まで守り抜こうとした2人の生き様は、とても美しいものでした。

戦争の狂気の中でも、愛を失わなかった2人は、平和な時代を見守っているのでしょうね。

まあ、2人のキスシーンは、悲し過ぎる場面なのに、絵面を想像したらシュールで反応に困ったりしましたが……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

佐藤.aka.平成懐古厨おじさんさんの他のおすすめレビュー 210