怪獣戦線異状アリ

作者 岩井喬

映画の迫力と小説の繊細さを併せ持った、素晴らしい作品

  • ★★★ Excellent!!!

破壊神――作中で描写される、その言葉がまさに具現したような存在が、これでもかと暴れまわります。まさに怪獣小説!
一方、怪獣に翻弄される軍部の司令塔である主人公の心情描写が丁寧で、命を落とす部下に対する上官の想いなど、映画では描写しきれないエモーショナルな部分を浮き彫りにしています。
映画の迫力と小説の繊細さを併せ持った、素晴らしい作品。
オススメです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

長い前置きもなく、早々に展開される怪獣襲来シーンに象徴される、スピーディーで濃厚な怪獣小説!

軍属で士官の主人公、怪獣に対して発足される「対策チーム」、通常の軍備では歯が立たない圧倒的な存在の怪獣… 続きを読む

エディ・K・Cさんの他のおすすめレビュー 80