第48話 ろくでなし

 横転した車から這い出して意識が途切れ、次に目を覚ました時はもう病院で寝ていました。

 身体中のあちこちがズキズキと痛みましたが、同時にああ、生きているんだな。とも思えます。

 意識がはっきりしてきたところで、僕はベッドわきにある椅子に腰掛けた千秋に、今一番気になっている事を問いかけます。


「千秋、琴美と話した時、どんな様子だった?」

「泣いてたよ。とんでもない事しちゃったって言ってた。治療費は琴姉ちゃんが払うって言ってたから一真は気にしなくていいよ」

 僕が尋ねれば、千秋はいつもの気の抜けた笑顔で説明しました。


「……そう」

「心配しなくても、琴姉ちゃんが病院に運ばれた時にはすぐに家族が駆けつけて、最終的にしばらく自宅で療養する感じになったから、放っておいても変な気は起こさないんじゃないかな」


「そっか……」

 なんだか自分の考えを見透かされているようで居たたまれないような気分になりましたが、とりあえず琴美が実家に帰ったと聞いて僕は安堵します。


「もし、一真に琴姉ちゃんを訴える気が無いなら、もう連絡はしない方がいいと思う」

「……そうだね。僕はこの事で琴美を訴えたりする気はないし、治療費を払ってくれるなら、それで十分だよ」

 千秋の言葉に頷いて、僕は視線を窓の外へと向けました。

 日差しがさんさんと降り注いで、たまに吹く暖かくて心地良いとても穏やかな日でした。




 後日、病院を退院した僕の元へ、琴美の両親が揃ってお詫びにやってきました。

 琴美からは、別れる事になって最後の思い出にと誘った日帰りの旅行で、別れるくらいなら一緒に死のうと思ってわざとハンドルを切った、とだけしか聞いていないようです。


 随分と恐縮して謝られてしまいましたが、実際にあった事を考えると、琴美の両親はむしろ、大事な娘をそこまで追い詰めた僕に謝罪を要求すべきなのです。

 しかし、せっかく助かった命を捨てる気にはなれなかったので、真実については黙っておきました。


 現在の琴美の様子を尋ねてみると、仕事も辞めて部屋に篭って塞ぎ込んでいると聞いたので、僕には琴美を訴えたり責める意思は無い事と、彼女には生きて幸せになってもらいたいと思っている事を伝えてもらえるよう彼女の両親に頼みました。


 琴美の両親は僕に何度も謝罪とお礼の言葉を言いましたが、元来僕は彼等にそこまで丁重に扱われるべき人間ではありません。


 見舞金と書かれた分厚い封筒を渡されそうにもなり、流石にそれはもらえないと固辞しようともしました。

 けれど、頑なに僕へ見舞金を渡そうとする彼等を見て、ここでお金を受け取らない方が、かえって相手にいつまでも罪悪感を抱かせる事になるのだろうと気づきました。


 お金を払う事で、もうこれは済んだ事と割り切れるのなら、あちらもその方が良いのでしょう。

 そうして僕は予期せぬ臨時収入を得る事になりましたが、なぜか気持ちは沈むばかりでした。


 彼等の言葉の節々には、心から琴美の事を大切に思って心配している事が感じられて、やっぱり僕は彼女の事を羨ましく思ってしまいます。


 しかし、今はもう琴美の事を憎らしく思うような事はありません。

 所詮、彼女とは住む世界が違ったのです。

 どんなに琴美を羨んで嫉妬した所で、僕の本当に欲しいものは、もう手に入るはずが無いのだと、この時やっと僕ははっきりと自覚しました。


 もう僕が琴美に出来る事は何もありませんが、ただ、彼女には幸せになってもらいたいな、と思います。


 さて、僕の怪我ですが、骨折まではしなかったものの、全身に打撲と、主に頭と腕に切り傷、左腕の骨にはひびが入っている状態でした。

 咄嗟に頭を庇ったため、特に後遺症も無かったのが不幸中の幸いです。


 僕は退院してからも、しばらく左腕にギプスをつけて生活する事になりました。

 その事を話すと、何かと不便だろうからと、差し入れを持ってきたり、世話を焼きに来てくれる人が結構いて、僕はうっかり二次災害で修羅場を引き起こさないよう、それからしばらく来訪のスケジュール管理にはかなり気を使う事になります。


 女の子がやって来た時にアポなしで来客があった時は肝が冷えましたが、その時の来客が溝口さんだったおかげで、なんとかトラブルもなくやり過ごせました。


「やあ一真くん、腕怪我したんだって? 大丈夫かい?」

「怪我したのは左腕ですし、ちょっと骨にひびが入った程度なので大丈夫ですよ」

 ギプスを付けた生活にも慣れた頃、長谷川さんから電話がありました。


「そうかい、そりゃ良かった。良かったついでに、近々また別れさせ屋の仕事をお願いする事って可能かな? もちろん無理そうなら断ってくれていいんだけど……」

「いえ、問題ありません。明日にだって出来ますよ」

「そりゃ頼もしいね」


 二つ返事で仕事の依頼を引き受けた僕は、早速スケジュール調整をします。

 琴美には琴美の生きる世界があるように、これが僕の生きる世界です。


 これからも僕は、琴美のような明るく優しい世界に生きる人を羨ましく思う事は何度もあるでしょう。

 けれど、今僕が歩んでいるこの人生は、紛れもなく、僕が自分の意志で選んだものですし、その選択に後悔はありません。


 だからこれからは、人に誇れるような人生じゃなくとも、せめて心の中だけでは自分の人生を胸を張って生きようと思います。

 これもまた、僕の選んだ道です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

おめでとう、僕はろくでなしに進化した。 和久井 透夏 @WakuiToka

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のタグ

日々の妄想を小説に。 ラブコメとホラーとファンタジーが好きです。 評価、フォロー、レビュー等、励みになります。 応援ありがとうございます。 小説家になろうにも同名で投稿小説を書いてます。 ご覧に…もっと見る

近況ノート

もっと見る

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!