柚希ちゃんは男の娘

作者 和久井 透夏

133

52人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

可愛いです。柚希くんも、天音ちゃんも。とにかく男の娘の可愛い描写がハンパない。そして二人が微笑ましくてにやにやしちゃいます。でもよく読むと、可愛くて甘いだけじゃない。二人は心の中に同じものを抱えてる。好きなものは好き。見た目で判断されたくない。そんな強さを持ってる。そんな2人だからこそ、応援したくなるんでしょうね。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

なんだ!
この物語は!?

読者をバカにしてるのか?

ひどいひどいひどいひどい!

こんなに続きを読みたいのに1話完結なんて、ひどすぎる~!

Webを意識された文章構成もひどい!

読みやすくって感情移入しやすくって中毒性があるなんて。

初めに言っといてくれないなんて、ひどすぎる~!

★★★ Excellent!!!

――

女の子と男の娘の恋の物語です。

男嫌いな主人公・篠田天音が、女の子だと思って仲よくしていた柚希は、本当は男の娘だった――。

ホントは男なんて絶対やだけど……嫌なのに、嫌なはずなのに……どうしてこんなに柚希は可愛いのっっっ!?

そんな天音ちゃんの想いがひしひしと伝わってくる作品でした。

一つ一つのエピソード、行動の端々から、主人公の心の動きがありありと伝わってきてあっという間に読んでしまいました。

まだ読まれていない方は、ぜひご一読をお勧めします!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

男の娘、と書いて『おとこのこ』と読みます。
女の子の格好をした男の子の事を差します。
主人公は男の子にトラウマが有り、可愛い女の子に一目惚れするが……。

著者の恋愛ものを幾つか読んでいるが、どれも『平凡』なものはない。
どれくらい平凡じゃないかと言うと、男女の垣根が非常に曖昧なのである。
でもそれが魅力になってしまうのが、著者の腕なのだと思う。

『普通』の恋愛ものにない、炭酸飲料のような爽やかな刺激を感じたい人へ。