電話が私の交際を認めてくれません

作者 六畳のえる

何よりも決定的な、ほんの少しだけ違うもの。

  • ★★★ Excellent!!!

客観的に見れば、「普通」とは程遠い感情。
頭で理解しているのと、機械にズバッと指摘されるのでは、やはり大きく異なります。

老婆心で、あくまで主人公の為を想ってアドバイスする秘書子さん。
普通じゃないのは分かっていても、気持ちに踏ん切りがつかない主人公。
相手と性別が同じというだけで、どうしてこんなに切ないのか。

恋する相手と共に過ごし、事ある毎に一喜一憂し、何気ない事に葛藤する主人公に、思わずキュンとします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

青春とは本来重苦しいものでる――そんなことを言った文豪がいる。
確かにその通りだろう。明るいだけ、楽しいだけ、順調極まりない青春なんてものは存在しない。
この物語もそうだ。
主人公は成功ばかりを掴む… 続きを読む

まごにゃんこさんの他のおすすめレビュー 53