HAL と SHURA

作者 柞刈湯葉

225

88人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

今の言葉遣いではなく歴史仮名遣いで進められる一風変わったSFストーリー。独特な二人(?)のAIの語りから始まり、銀河を巡る旅路は様々な出来事が起こり全く飽きません。
そして一話一話が短く綺麗に纏まっているので、途中で読み飽きたりしないという点が大きいです。
彼等の終着点はどうなるのかが楽しみであり気にもなる一作です。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

注文の多い料理店が大大大好きなので、冒頭でぐいぐいっと引き込まれてしまいました。
旧仮名遣いで語られる未来の話、という着眼点に脱帽です。
賢治の作品と繋がっている部分を発見すると、思わずにやりとさせられるのも楽しいです。

どこか牧歌的でノスタルジーを感じる文章が読んでいて心地よく、ついつい何度も読み返しています。
一人でPV増やしていてすみません。

SFはあまり読んだことのない人、宮沢賢治の作品にはこれから詳しくなろうと思っている人、SF大好きで賢治の作品も大好きな人、どんな人でも楽しめる内容だと思います。
これからどう話が展開するのか楽しみです。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

宇宙空間は、まっくらな中に星が瞬く。
さながらそれは、寒々とした空間の中に理性の光がいくつも存在する世界のよう。

本来三つだった、二つのAIと奇妙な言い争い。線路の如き平行線の数々。
横浜駅SFにも見せていた、作者の理知的な冷然さは健在。
そしてAIを含めた、登場人物の数々はどこか風刺めいている。
旧かな使いが理性的な雰囲気をさらに醸し出す。

続きを読みたい。と思ってしまう奇妙さがあります。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました