涙、夏色に染まれ

作者 馳月基矢(旧PN:氷月あや)

壊されても、壊れないもの。なくなっても、消えないもの。

  • ★★★ Excellent!!!

まずは目次だけでも覗いてみて欲しいです。
エピソードタイトルだけですでに作品として成立していて、私はフライング気味に感動してしまいました。
本編では、目次そのままの世界観がより濃厚かつ繊細に広がっています。痛々しいほどに眩しい青春の輝きが、深く心に突き刺さりました。

主人公の結羽ちゃんはクールで周囲にあまり興味がなさそうなのに、やたらと記憶力が良いのです。
なぜそんなに色々なことを鮮明に覚えているのか。その理由が明かされたとき、彼女への愛しさが爆発して思わず画面の中の『結羽』の文字を撫でました。

そして読了後、また最初から読み返したくなりました。
無愛想と不機嫌で心を覆い隠していて、一読目では何を考えているのかなかなか分からなかった結羽ちゃん。二読目では、冒頭から彼女の気持ちに寄り添って読み進むことができました。みんなのことがより好きになれました。島の方言も、よりあたたかく心に響きました。

熟読できる素敵な作品です。
さぁ皆さん、一緒に『結羽』の文字を撫で回しましょう!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

犬飼鯛音さんの他のおすすめレビュー 75