俺はどうやら拉致監禁されたみたいです

作者 海野しぃる

337

129人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「ああ、なんかいいな〜」
これが読み終えての感想である。

バーチャルにこのような感動と思いを思ったのは正直初めてだった。

カナイちゃんに会いたいとリアルに思ってしまった。

出来れば続きが読みたいと、また彼女に会いたいと……


言葉のひとつひとつも面白くてあったという間に読んでしまった。もったいないと思うほどに。


★★★ Excellent!!!

「__」の内容は最後まで読めば分かるかと思います。タイトルの通り主人公が知らない場所へと連れ去られてしまう物語です。そして部屋にいるのは割烹着の幼女。この幼女は何者なのか、何故主人公は拉致監禁されてしまったのか。答え合わせまでの間にヒントが散りばめられているので、それを探しながら読み進めるのもきっと面白いと思います。

★★★ Excellent!!!

技術の進歩によりいろいろなものが「削除」できるようになっても、「削除」し切れないものがある。
失ってもなお感覚として残るものが「生き物」にはあり、それはどれだけのテクノロジーをもってしても「削除」不可能なものだと再認識させられる。
それが「生き物」以外にも応用されるのだろうか、そんな今後を期待させるエンディングがいい。

★★★ Excellent!!!

細かく書くとネタバレになってしまうので、ふわっと書きましょう!

唐突な謎ですが一気に引き込まれて、『答え』を知りたくなります。
ゆえにすごい勢いで読み進めることになります。

そしてまた!
展開も結末も、期待を超えていきます。
楽しいです。

読めて良かった。
そう感じています。

★★★ Excellent!!!

 ジャンルにミステリとあるから『なにか事件が?』こう思う人も多いはず。
 かくいうレビュアーもその一人。
 ところが起こっているのは、試験当日に謎の部屋で起き、謎の少女と噛み合いそうで噛み合わないやり取り。
 そこで主人公だけでなく読者も頭を捻る。
 さてはカテエラ? さにあらず、ヒントは随所にちりばめられている。
 それでも真相を明かそうと躍起になるより、作品全体に満ちているみずみずしさを味わっていただきたい。

 思わずなるほど、と唸らされるストーリーテーリングをどうぞ。

★★★ Excellent!!!

様々な仕掛けの施された作品なのでなにを言ってもネタバレになりそうなのですが、序盤でばらまかれた些細なアレコレがひっくり返ったり繋がったりしていく様は「おおっそう来たか」の連続で爽快です。
そしてそこからのあのオチ。
テクニカルな楽しみがギュッと詰まった短編です。

★★★ Excellent!!!

不思議な印象の短編でした。
脈絡なく『ある部屋』に招き入れられた主人公の、少女との対話です。

彼らの一時の邂逅が、その先に何を齎すのか。
対話によって生み出された新たな可能性とは。

彼と彼女の未来がどう動くのか。文字に顕されていない未来が楽しみに感じられました。