大嫌いな夏をC4爆弾で歓迎した話

作者 銀文鳥

身を焼くような暑さすらほしく思うほど、過保護で快適な夏

  • ★★★ Excellent!!!

文明が無駄と見分けがつかないほどに洗練されていくほど、ひとは怠惰に脆弱になっていく。テクノロジーはそんな人間たちすら過保護に守ってくれる。
無限に引き伸ばされた快適な時間の中で想う破滅は、爆弾の中のニトロのように甘く思えるのかもしれない。

短いですがハードなSFで、思考実験で、穏やかな退廃のある良質な小説でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

木古おうみさんの他のおすすめレビュー 46