悪逆の機獣無法者《アーマーローグ》《KRF優秀作品》

作者 ミレニあん

黒い衝動に身を委ね、全てを滅せ『神牙』。

  • ★★★ Excellent!!!

人型機械『アーマーギア』が普及した近未来を舞台に紡がれる、人類VS異形という構図のロボットアクション小節です。

本作を語る上で外せないのが、主人公の駆る『神牙』を始めとした怪獣型のロボット『アーマーローグ』。人類の災厄たる異形に対抗すべく、結果的に人型から怪獣型へと形状が変化していったという経緯は、設定にリアリティのある説得力を付加すると同時に、形容し難い高揚感を感じさせてくれます。

また、機械仕掛けの怪獣である『アーマーローグ』の繰り広げるパワフルな戦闘シーンも非常に魅力的。

敢えて言いましょう、これは『バイオレンスロボットアクション』であると……!

読めばハマる面白さ。是非一度お手にとってみてはいかがでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

東雲メメさんの他のおすすめレビュー 57