悪逆の機獣無法者《アーマーローグ》《KRF優秀作品》

作者 榊あんか

146

52人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

完結おめでとうございます! 面白かったです!

何と言っても、読者に結末を任せた終わり方は一品でした。再会はあるのか、それともないのか。どちらにせよドラマ性のある素晴らしいエンドです。

暴力と、無尽蔵の進化と、そしてそれを蹂躙する圧倒的な暴力。

この作品を一言で表すならきっとこれでしょう!

★★★ Excellent!!!

熾烈を極めた迫力ある戦闘描写にハラハラしながら読み、ラストにむかうにつれて「この先、みんなはどうなるの?」と、心配してました。
でも、生き残った人たちがかつての仲間へ語りかけるシーンがとても印象的で、最後まで読めて本当によかったです。
主人公に関しては曖昧さが残るラストでしたが、読む人によって物語の結末を自由に変えられる、見事な終わり方だと思いました。

ほんわかした雰囲気も楽しめ、ハラハラする展開もあり、儚さも、希望も堪能できる素敵な物語をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

一風変わった「怪獣型ロボット」を主人公機にした変格メカアクション。敵性存在「イジン」の描写が中々グロテスク(特に話が進むほど凄惨になる)で作者さんのこだわりを強く感じました。作品のノリがロボット小説と怪獣小説のハイブリット風になっているところが面白かったです。ストーリーも終盤のようなので物語がどのような結末を迎えるのか楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

凶悪な生命体とロボットの戦いと書けば割とよくある話ですが、敵生命体の異形感の描写や襲撃の理由・法則性が納得いくもので、それと対峙する各キャラクターの立たせ方も上手い感じに引き立っています。
また、アーマーローグのデザインも異形さを認識できる部分が文章からも伝わってきて、その設定が「生きている」戦い方も魅力となっています。

★★★ Excellent!!!

世界を危機に陥れる巨大生物と、それに対抗する人類の戦い――。

一見オーソドックスに見えるプロットですが、本作には同様のロボット作品にはない多様なプラスαが施されており、それがそのまま本作の魅力へと繋がっています。

中でも、無機質なほどに淡々としながらも、生物が持つ生々しさを描き出す戦闘描写は特筆ものです。この描写を行うために、主人公機【神牙】を、獰猛な怪獣の姿に設定したのではないでしょうか。

無慈悲に迫る【敵】の暴虐に対し、それを更に上回る暴虐で叩き潰すカタルシス。血煙舞う【鉄】の臭いにむせたいという方は、ぜひ追い続けるべき作品です!!

★★★ Excellent!!!


 得体の知れない異形を屠るための兵器、それを駆る人間たちの戦い。それ自体はよくあるものではありますが、ここには特撮ヒーローのような爽快さや痛快さよりも、酸鼻を極めたリアル感、肝脳塗地を地で行く凄惨さが満ち溢れています。

 そしてその物語の中核に置かれたのは、美しくも影のある少女、美央と他の兵器とは一線を画す機械の怪獣――神牙。
 美女と野獣ならぬ、美女と機獣――そんな一人と一機が容赦なく戦場を踏み荒らし、悪鬼を拉ぐ展開に危険さと興奮を抱かずにはいられません。

 なにもそこまでせんでもと思わせる戦闘描写、時間を忘れて読ませてしまう文章力に、釘付けになること請け合いです。

★★★ Excellent!!!

ダイナミックなアクションが熱いロボットものの作品です。

しかし僕は、主人公たちが繰り出すロボットよりもまず、敵である巨大生物に心を奪われていました。

その描写が凄惨で、とにかくエグいことエグいこと。
よくここまでおぞましいものが描けるなあと思っているところで主人公たちの機体が登場、迫力あるバトルが繰り広げられます。

そして勝利をおさめたあと、僕は喜びを感じる前に、ああよかったとホッとするんです。
それほど敵の圧力がすごい。
主人公たちの狂気めいた強さもすごい。

それと主人公主人公と先ほどから書いておりますが、メインキャラは女の子だったりします(ここ重要!)
日常の何気ないシーンも楽しく、中には百合ちっくな展開も起きちゃったりしますぜ!

★★★ Excellent!!!

深海からやってくる謎の怪獣を倒す。某ハリウッドの巨大ロボット大作映画のような設定ですが、対抗兵器にして主役ロボの神牙もまた怪獣のような非人間型をしているというのが斬新ですね(僕はどうしても人型にこだわってしまうので)。

非人間型ならではの暴力的かつ残酷な戦闘シーンが、最高にカッコいいです。

ロボアクションだけでなく、ストーリーやキャラも魅力満載で、今後の展開が楽しみです。

★★★ Excellent!!!

人型機械『アーマーギア』が普及した近未来を舞台に紡がれる、人類VS異形という構図のロボットアクション小節です。

本作を語る上で外せないのが、主人公の駆る『神牙』を始めとした怪獣型のロボット『アーマーローグ』。人類の災厄たる異形に対抗すべく、結果的に人型から怪獣型へと形状が変化していったという経緯は、設定にリアリティのある説得力を付加すると同時に、形容し難い高揚感を感じさせてくれます。

また、機械仕掛けの怪獣である『アーマーローグ』の繰り広げるパワフルな戦闘シーンも非常に魅力的。

敢えて言いましょう、これは『バイオレンスロボットアクション』であると……!

読めばハマる面白さ。是非一度お手にとってみてはいかがでしょう。

★★★ Excellent!!!

近未来、人類の生活を脅かす正体不明の怪生物、『イジン』。
機械も人間も貪り喰らい、自己進化を続ける怪物を殺すべく、主人公の美央は異形の機体『アーマーローグ』を操り、過酷な戦いに身を投じます。

果たして人類は勝利できるのか?美央と仲間たちは生き残れるのか?
手に汗握る展開が満載の作品です。

★★★ Excellent!!!

美女と怪獣型ロボット!
これだけでもがっしりと心を掴んで離さないのですが……!

何と言っても見所は怪獣型ロボットと未確認巨大生物との熱いバトルではないでしょうか。
凄惨な戦いの様子がありありと思い浮かぶ戦闘描写は素晴らしいと思います。

また、適度に挿入される日常の描写も、キャラクターたちや世界観の把握を容易にさせてくれています。

共に戦う仲間も増え、ますます熱くなっていくと思われる未確認巨大生物との戦い……目が離せません!

★★★ Excellent!!!

 怪獣映画さながらのアクションを中心とする、SFロボット小説。イジンと呼ばれる未確認巨大生命体との戦いを描く、ダイナミックな格闘シーンが幾つも展開され、目が離せません。
 怪獣型という、主役ロボとしては異彩を放つ「神牙」を駆る主人公・美央のお色気要素にも注目。
 ロボットに怪獣に特撮に美少女と、男のロマンを全て詰め込んだ、男子諸兄必見の一作です。

★★★ Excellent!!!

ダイナミックワイルドなタイトルと内容であると同時に美少女(嘘ではない)の大活躍という絶妙な組み合わせ
残虐ファイトの開幕は咆哮と共に、勝利の後に残るのは美少女の微笑み(嘘ではない)
一読即解、読めばわかる、きっと引き込まれるルール無用のファイトは胸を滾らせること間違いなし!

★★★ Excellent!!!

旧版から大幅な世界観の変更を引っさげアーマーローグが帰ってきた!新しく美央と神牙の前に立ち塞がるのは異形の怪物達。遺伝子変異を繰り返し生物学上有り得ない速度で自己進化する怪物を前にして、彼女はどう戦うのか!

旧版を読んでいないと不安がる必要はありません!リブート版だけでも充分に楽しめますので!あ、でも旧版のサディスティックな美央も一読の価値ありかと!(勝手に宣伝)

こんな駄文を読まずに、ささ本編へと指を伸ばしてご覧なさい。再起動してパワーアップしたアーマーローグ達が新しい読者を待っていますよ!

★★★ Excellent!!!

数あるカクヨムロボノベルの中でも、本作に登場する主人公機体である「神牙」は特別なのではないでしょうか。
怪獣を模した、人型ならざる姿をした漆黒の機械獣。
その牙を、爪を、敵である異種巨大生命体「イジン」へと突き立てる様は、さながら特撮を見ているかのようなダイナミックさ。
迫力のある戦闘描写に、こちらの胸もアツくなります。

キャラクターも立っており、現状登場している主要パイロットの対称性が、物語に彩りを添えています。適度に挟まれる日常回によって、読みやすく仕上がっております。

銃でドンパチするのももちろんかっこいい。しかし、この『悪逆の機獣無法者《アーマーローグ》』の最大の魅力は、異形ロボであるアーマーローグによる肉弾戦でしょう。まるで、文章から神牙の咆哮が聞こえてくるかのようです。

メカ、ひいては特撮がお好きな方にもオススメできる、骨太なかっこいいロボノベルです!

★★★ Excellent!!!

リブートして帰ってきたアーマーローグ!
リブート前との違いを楽しみつつ、更に濃く、しかも解りやすくなった描写が目を引きます。戦陣や骨など、アーマーギアも序盤から多数登場!
人物達もより一層味が出てきて、美央ちゃんの狂気度もアップ!……してる気がする

怪獣という動きを見事に現しており、野性味溢れるロボット作品です!
美女と怪獣が繰り広げるケジメの戦い! 皆様も是非!

★★★ Excellent!!!

 設定を刷新され、我らが美央ちゃんが帰ってきました。リブート版として紡がれる新たな物語に期待です。相変わらず「怪獣型ロボが織りなす暴力的なダイナミズム」は健在で、謎の敵イジンを蹴散らします。作者の怪獣映画や特撮、そしてロボへのこだわりが散りばめられた素敵な作品ですね。必見です!

★★★ Excellent!!!

私の中の中学生が叫んでおります。
序盤から戦闘につぐ戦闘、ばらまかれていく謎、縦横無尽に暴れまわる怪獣とロボット、とにかく怒涛の勢いで物語が進みます。
戦闘描写も視覚的でわかりやすく、文章のリズムも読みやすくて、ロボット小説初心者でもグイグイ引き込まれました。
最新7話目でのレビューですが、ぜひ今から読むことをお勧めします。きっと胸のあたりに戦いの炎がともるはず。

★★★ Excellent!!!

戦いの様子も、ロボットの仕組みも、
描写が緻密で臨場感があり引き込まれます。

だからこそ敵の未確認巨大生物の恐ろしさも、
それを圧倒する主人公と愛機・神牙の強さも
ひしひしと伝わってきます。

巨大生物から人々を守る防衛軍
防衛軍とは別に巨大生物と戦う主人公

共通の脅威に立ち向かいながらも
立場を異にする人々が紡ぐドラマも
要注目です。

★★★ Excellent!!!

 自己進化する巨大生命体。そしてそれと生存競争を強いられる人類の戦いを描くSFロボットアクションです。
 シン・ゴジラに影響を受けた演出によりリブート前に比べて多面的に物語を見ることができるので、より期待を持たせる話運びが持ち味じゃないでしょうか。
 元々チェックしていた方は勿論のこと、初めて知ったよという方、中でも特にシンゴジが好きという方には特にオススメさせていただきます。