悪逆の機獣無法者《アーマーローグ》《KRF優秀作品》

作者 ミレニあん

荒ぶる神への生贄は、生きていると信じたい

  • ★★★ Excellent!!!

熾烈を極めた迫力ある戦闘描写にハラハラしながら読み、ラストにむかうにつれて「この先、みんなはどうなるの?」と、心配してました。
でも、生き残った人たちがかつての仲間へ語りかけるシーンがとても印象的で、最後まで読めて本当によかったです。
主人公に関しては曖昧さが残るラストでしたが、読む人によって物語の結末を自由に変えられる、見事な終わり方だと思いました。

ほんわかした雰囲気も楽しめ、ハラハラする展開もあり、儚さも、希望も堪能できる素敵な物語をありがとうございました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

江田 吏来さんの他のおすすめレビュー 661