ひとつの部屋

作者 澤村在昌

得体の知れないモノへの恐怖を煽るのが巧すぎる

  • ★★★ Excellent!!!

めちゃくちゃ怖かったのでレビューしてしまいました。

人は、未知の物体や現象に恐れを抱きます。
何だかよく分からないモノが部屋に置いてあり、分からないまま過ごすことの、何と恐ろしいことか。

僕なりにオチを想像したのですが(中からドッペルゲンガーが出て来て主人公に成り替わるとか)、それとは全く異なるアプローチで恐怖させてくれました。
主人公の過去にもリンクした、周到な結末に、脱帽です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

織田崇滉さんの他のおすすめレビュー 520