邪神異聞「物を書くマシン」

作者 海野しぃる

気軽に読めるワンスプーン料理のような掌編

  • ★★ Very Good!!

同作者のケイオスハウルを読んでいると、そちらの一部補完と読めなくもない一編。ホラーとしての怖さよりは、奇妙さ、「ちょっと不思議」なお話。3500文字とかなり短いので、その「ちょっと不思議」にひたる時間は短く、もっと長く楽しみたかった、と思う。というかあの口調はあんたのしわざかっ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

富士普楽さんの他のおすすめレビュー 440