邪神異聞「物を書くマシン」

作者 海野しぃる

全自動物語創り機。……欲しいな。

  • ★★★ Excellent!!!

異聞ということなので、ケイオスハウルを読んでからの方が間違いなく楽しめる一作です。
しかし、知らなくても十分に楽しめる物語であると思います。

自分が精神の病気であるのではないかと疑いながらも、自ら物語を創り出そうとする機械と対話を重ねる主人公。
機械の最後の問いに、狂気の世界に踏み入ろうとする彼。
踏みとどまる事は出来るのか、それとも踏み込んでしまうのか。

読了後、主人公の決断を皆さんは肯定しますか?否定しますか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

栄織丞さんの他のおすすめレビュー 337