埴輪の近況ノート ~とある作家の日常生活~

作者 埴輪

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 一晩明けて……へのコメント

    ょう、すわ
    かたあさ,,ァ卯賈か

  • Google Analytics(アナ…へのコメント

    勉強になりました!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    お役に立てて幸いです!

    2019年4月16日 08:25

  • 埴輪通信 vol.6 ~『今、あるとこ…へのコメント

    おめでとうございます!
    おこづかいを握りしめていたかいがありました。
    今後の埴輪様のご活躍を、心よりお祈り申し上げます。

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    お値段はお高くなっておりますが、おこづかいの範疇であれば、ぜひお買い上げ頂ければと思います!

    いつか、埴輪という名前が表紙に刻まれた本が世に出せるよう、これからも地道に頑張りますよ~!(次の元号が終わるまでには!)

    いつも応援ありがとうございます!

    2019年3月31日 07:06

  • 埴輪通信 vol.6 ~『今、あるとこ…へのコメント

    掲載おめでとうございますー!

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    エイプリルフール前に発表できて良かった!

    2019年3月30日 11:53

  • 埴輪の格言へのコメント

    何かあったのでしょうか。
    どうか、無理をしないで下さいね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    この格言は、先日、大阪なおみさんが試合中に、振り上げたラケットを堪えて下ろしたのを拝見した時に感じたことがベースとなっております!

    一つのミスでも悔しくて苦しくて堪らない……それぐらい強い思いがなければ勝つことはできないと思いますし、それほどの思いを抱きながらも、堪え、次に進むと言うことは、本当に凄いことだなぁと。

    そうした思いをしないように、何事にも無関心でいようとする人が少なくないような気がしていたこともあり、呟きではなく遺しておきたい言葉として、近況ノートにねじ込ませて頂きました!

    この言葉を私自身も大切にして、何かあってもぐっと堪えて、大丈夫、次は行けると前に進んでいきたいと思います!

    2019年2月4日 08:26

  • この世界から「ありがとう!」が消えてい…へのコメント

    考えすぎの方が増えたのと、
    テキストチャットでは、前後の言葉がないので、
    どんな方向にも受け取られてしまいがちですし、
    今時のアクション型のコンテンツは、チャットで交流するケースが少なくなったからだと思います。

    動きを察して動く。と言うのも主流になりつつある。とも感じます。

    だからこそ、チャットや意思表示で交流を重視する
    FF14のようなコンテンツは、この先も残っていて欲しいですし、
    埴輪様の考えは、間違っていないと思います。

    何事も、受け取り方と、受け流し方が重要なのかな。とも感じました。

    その点を踏まえて
    ゲームの世界も、変化があって楽しいですよね。

    それより、麻雀が導入されるって本当ですか!
    ただのお遊び特番だったのでしょうか!




    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    限られたコミュニケーション手段でいかに気持ちを表現するか……と、作家根性を出したことが、結果的に仇となってしまいました!

    いずれ記号だけでやり取りするようなシステムになってしまうかもしれませんが、それでもなくならない問題だろうとも思います。

    通常のチャットにしても、思うように伝わらないことは多いですが、だからこそ、相手の気持ちをおもんばかることが大事なのだろうと思います!(その結果、ネガティブな結論に到達することもあるのでしょうが……!)

    ドマ麻雀はすでに実装されておりますぞ!
    ゴールドソーサーに行けばクエストを解放できるので、麻雀ゲームとして楽しんでみるのも一興だと思います!

    2019年1月21日 07:26

  • 書き上げました!へのコメント

    執筆活動おつかれさまでした!
    今週末拝読できるのを楽しみにしていますね〜。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    私も公開するのが楽しみです!

    2018年11月26日 08:17

  • 「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」…へのコメント

    いつの間にかそんな季節になったのですね・・・@@;
    つまりは今年も残すところあと少し。
    私もガンバラナイト!

    次回作を期待していますね!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    本当に月日が経つのは早いですな!
    ご期待に添える新作を書くべく、日々コツコツ頑張ります!(FF14も楽しみながら!)

    作品を待ってくれている人がいると思うと、大きな励みになります!

    2018年9月11日 08:12

  • 「リメンバーミー」を見て思う、夢より大…へのコメント

    リメンバー・ミー観たかったのですよ! だけど予定が合わなくて。角川から出ている子供用絵本を買いました。感動しますよね!

    自費出版、母が乗り気で、お金を貸してくれるというので、流通に乗せてもらいました。四年かけて返しました。無利息というのはありがたかったです。
    けど、その出版社が後から電話をかけてきて「出版しませんか」コールしてきて、戸惑いました。「六十万でもいいんですよ?」っていうから、いやお金がないですっていったら「三十万でもいい」って。完全におかしいだろ! って思って断ったんです。もう、会社名も変わってしまったようですが。「そうですかあ。お金、ないんですかあ……」ってなんか変な感じだった。文芸社っていうんですけど、ご存じですか?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    絵本も出てたんですね!
    音楽も良いので、映画版も是非!

    自費出版をして、その費用も完済したというのは本当に素晴らしいことだと思います!

    私は最初の一冊を出さずして断念したのですが、真守さんと同様、こちらが渋れば渋るほど値段を下げてくるので、私もおかしいと思いました!

    私が話を進めていたのは幻冬舎ルネッサンス新社でしたので、出版社が違えども、やっていることは同じなのかもしれません……!

    お金があれば……あるいは無理なく支払いきれる見込みがあるなら、自費出版はありだと思いますが、そうでなければ、そもそも出すことができないものだということが身にしみました!

    2018年7月22日 15:19

  • 七夕の朝、死刑について思うこと(梗概版)へのコメント

    七夕の短冊には「私と私の愛する人々が最高のしあわせを手にいれますように」って書いておきました。今夜は晴れるといいなあ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    素敵なお願いですね!

    晴れても、曇っても、雨がふっても……その願い、叶って欲しい!

    2018年7月8日 15:58

  • 小説もサッカーも同じエンターテインメントへのコメント

    深い考察だと思います!
    さすが。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    結果を出せという風潮の中、いざ結果を出したら出し方に駄目出しをされてしまうのですから、なかなか世知辛い世の中です!

    でも、中にはちゃんとそれを評価してくれる人もいる……その事実が救いだろうと思います!

    2018年7月1日 08:00

  • 凄い人はいても偉い人はいないへのコメント

    ハンパ無い大迫さんも、初めはヨチヨチ歩きから人間になったんだもんね! 

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    周りが「半端ない!」と評価するのは大いにありだと思思いますが、ぜひ当人はおかれましては、謙虚であり続けて欲しいところです!

    自分と同じ人間が活躍しているからこそ、心の底から応援し、称賛することができるのだろうと思います!

    2018年6月25日 20:45

  • ナマズオの教え ※ネタバレ注意へのコメント

    埴輪さんならきっとできますよ!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    そう言って頂けると、勇気が湧きます!

    ありがとうっぺな!(ナマズオ語)

    2018年6月18日 08:35

  • 何かが足りない? 何が足りない?へのコメント

    あまり無理をなさらないでね。応援しています。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    昨日の仕事中、自分は疲れているということが自覚できたので、何だかスッキリしました!

    今週は睡眠時間や栄養を多めにとって、しっかり休養したいと思います!

    お心遣いと応援、ありがとうございます!

    2018年6月12日 07:29

  • たまには、一日がかりのウィルスチェックをへのコメント

    大変でしたね。セキュリティソフトはインストールするときも大変なんですよね。契約書を読むのに一日かかります。わたくしはあれがどういうことなのかうすらぼんやりとしかわかりません。ダウンロードしたとき、消耗しました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    契約書をちゃんと読んでいるなんて偉い!
    私はすっかり「同意するマン」として約款をスクロール&クリックしてしまっております……!

    あれも小説みたいに楽しければいいんですが、わかりやすさの対極……むしろ、ミスリードや読み飛ばしを誘っているという点において、小説を書く上での反面教師になってくれるかもしれません!

    また、実際にセキュリティソフトが何をしているのかも全く分かりませんからね……!
    自分のデータを全て晒すといった点においては、むしろウィルスより危険度が高い行為だとも言えるので、セキュリティソフトはしっかり選んでいきたいものですな!(私はジェイコムに加入した際、自動的に利用できるようになったマカフィーです!)

    2018年6月6日 08:42

  • 作家とライターの違い(独断と偏見)へのコメント

    ライターは人間関係が大変で、書いたものもあちこち手直しされて、原形をとどめなくなってしまうこともあるそうで。
    それがいやで、小説家になる方があるそうです。
    埴輪さんと同じように「書きたいものを書く」ことに惹かれて……。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ライターには作家性が求められていないといいますか、それをどれだけ消していけるかというのが、腕の見せ所なのではないかと思います!(そもそも、小説に限らず、文章全般を書くということ自体がお仕事になるわけですからね!)

    質より量……というと語弊があるかもしれませんが、近況ノートにも書いた通り、とにかく今は出来るだけ早く、大量の文章が必要とされている時代だと思いますので、そのリクエストに応じることができるライターが求められるのは必然だろうと思います!(ただ、求められている割には、見返りが少ないような気がしてなりません……!)

    もし、文章を書いて生活するということを考えるなら、ライターを目指す方が現実的だと思いますし、その技術を自分の小説に活かすということも大いに可能だと思います!

    ただ、ライターは仕事で自分が書きたいとは思えない文章を書くことも必要になるので、そこを割り切れるか否かが、ライターと作家の分かれ目だろうと思います!(作家も自分が書きたことばかりを書けるわけではないと思いますが、出来上がった作品と作家の結びつきの強さは、ライターの比ではないと思います!)

    2018年5月28日 20:06

  • 仏作って魂入れず……そんな作品を書かな…へのコメント

    ナマズオって珍しいいきものでしょうか?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    「ナマズオ」はポピュラーな存在なのですが、このところ人気が急上昇中で、最近もクレーンゲームの景品となったこと、次回のパッチ(更新)でナマズオ関連のクエスト(物語)が追加されることもあって、丁度「ナマズオ熱」が高まっているタイミングだったので、動画が拡散されたのだろうと思います!

    FFを代表するマスコットキャラクターであるチョコボやモーグリよりもホットなナマズオ……恐るべし!(どちらかといえば、キモカワイイ系です!)

    2018年5月20日 09:13

  • わたしの望みは、死んでからもなお生きつ…へのコメント

    埴輪さん、一生懸命ですね。まっすぐな想い、眩しいです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    私にできることは、一生懸命に生きていくことだけですからね!

    サングラスがいらない程度には輝きたいものです!

    2018年5月14日 07:40

  • 『れべるわんっ!』『ティナの物語』再公…へのコメント

    がんばってくださいね!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    応援して頂ける方がお一人でもいる限り、頑張り続けますよ~!

    2018年5月7日 21:14

  • 作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    捉えようによってはネガティブな話かかもしれませんが、現実を見つめることが、新たな始まりになるのではないかと思います!

    2018年4月24日 07:40

  • 11年だろうと、11日だろうとへのコメント

    頑張ってください!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    はい、頑張ります!

    応援ありがとうございます!

    2018年4月16日 07:25

  • 「また次があるさ!」……と思いながらも…へのコメント

    ふぁいっとー!

    作者からの返信

    応援ありがとうございます!

    2018年3月28日 08:08

  • コンテスト応募のお知らせと、それに伴う…へのコメント

    コメント失礼いたします!

    夢がかないますように……。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    諦めずに頑張りますよ~!

    2018年3月28日 08:07

  • 余生の過ごし方 <やがて死んでいく者た…へのコメント

    「敵は海賊」かっこいいなー。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    「敵は海賊」はかっこいい海賊(と海賊課)が大活躍する、本当に面白いエンターテインメント小説だと思います!

    2018年3月21日 20:08

  • 変わらないために変わっていく季節にへのコメント

    やり過ごす……そうですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    じっと耐え忍ぶことしかできないこと、時期というのもあるものだと思います!

    2018年3月21日 20:06

  • 第3回カクヨムweb小説コンテスト中間…へのコメント

    本気を出してもいいのでは?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    世界を滅ばさない程度に頑張ります!

    2018年3月12日 07:33

  • 精神凍結の働かせ方へのコメント

    すごくわかりやすく的確に表現されてると思います。(ブルーベリー黒糖を食べております)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    糖分は大事ですね!
    ブルーベリーに黒糖……素晴らしい健康効果が期待できますな!

    2018年3月10日 07:06

  • 600回 ~近況とマンボウ~へのコメント

    マンボウ! あれ? マンボウって泳ぎますっけ?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ……そういやあいつ、漂ってるだけでしたっけ?
    まぁ、それぐらいが丁度良いかもしれません!

    2018年3月8日 07:19

  • キャンペーンスタート!へのコメント

    え! 作品というと……?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    以下の作品を3月10日(土)17時までなら無料でダウンロードできるので、良かったらぜひ!

    〇長編
    ・株式会社魔法少女 ~Magic Girl Company~

    〇短編
    ・猫屋日誌
    ・ミエナイチカラ。
    ・働かざる者 ~Work or Dead~
    ・それはいつかの物語
    ・バレット・ゲーム
    ・汚れたヒーロー ~ファントム・ゲーム~
    ・不老のセツナと不死のイマ

    2018年3月8日 07:19

  • 作家の権利へのコメント

    わかったつもりが一番怖い。わかってたつもりの自分……。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    法律は難しいですが、自分や作品、そして読者を守るためにも、知っておいて損はないことだろうと思います!

    世の中分かっているつもりのことだらけで、気付きがないと理解もできないのかもしれません!

    2018年3月8日 07:16

  • 「カクヨム」2周年に寄せてへのコメント

    胸がいっぱいになっちゃいました!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    これからもよろしくお願い致します!

    2018年3月3日 09:02

  • 正直に生きていきたい!へのコメント

    たのしいです!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    楽しんで頂けて幸いです!

    2018年3月2日 07:19

  • 「NOVEL 0編集部が読みたいエンタ…へのコメント

    深い考察。 

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    見方によっては落選者(私も応募してましたからね!)のひがみでしかありませんが、私も「大人」の一人ですし、そんな私が読者として最近の人気作に全く食指が動いていない点を考慮すると、出版社が求めるものと読者が求めるものの乖離が進んでいるのではないかと思います。(何よりも本を読む人が減っているという現状がありますからね……!)

    2018年3月2日 07:19

  • お金はなくともギルはあるへのコメント

    身近なひとの理解がないと、二の足を踏んでしまいますよね。わかります。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    なんのためにやるかといえば自分のためですが、その自分というのは何も自分を指すだけではないのではないか……それがふと、最近思っていることです!

    それが本当に自分一人だけのためになってしまった状態が、「孤独」なのかもしれません。

    私は日頃から自由にさせてもらっているだけに、母が心安らかに暮らせることは、夢と同じぐらいに大事なことだと思っております!(というか、そういう夢が描けてるのも母のお陰ですからね……!)

    2018年3月2日 07:13

  • 個人出版(の見積り)のススメ ~本気で…へのコメント

    コメント失礼いたします!

    ええと、個人出版とは自費出版のことだと解釈してよろしいでしょうか? わたくしは文芸社(いまは多分名前をかえていますでしょうか)で三百枚以上の作品を自費出版しました。流通に乗せてもらえるので千部で200万かかりました。9割うれたといわれました。
    しかし、文芸社に原稿をおくると感想が送られてはきますが、さんざん褒められた後で自費出版を勧められます。わたくしは何度もいろいろと作品を送っていたのですが、「自費出版しないなら、原稿を送ってこないでください」と断られました。企画出版や協力出版は、客寄せのように感じます。しかも今は会社自体がない。名前を変えたのではないかと思います。でもわたくしは自作品の書籍化を経験するということで、世間が広くなったように思います。
    自費出版をして、著名作家や有名人に寄贈して、有名になり、賞をいただくことも可能なのです。
    お金さえあれば、可能というのであれば、やってみることが大切です。
    その後の経過も知りたいです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    「個人出版」=「自費出版」に差違はないと思います!

    おお、ゆみさんは自費出版経験者だったんですな!
    活字になった自分の本をお持ちなんて……素敵なことだと思います!

    自費出版に何を求めるかによって、感じること、得ることも違ってくると思いますが、世間が広くなったと感じておられるなら、ゆみさんにとってそれはとても良いことだったのだろうと思います!(誰でも体験できる経験はありませんからね!)

    現在の進捗は、私のお金のなさっぷりが原因で頓挫している形になりまが、今の段階でもかなり得ることはあったように思います!

    また何か進展でもあれば、近況ノートでご報告したいと思います!

    2018年3月2日 07:08

  • 喜びと悲しみとへのコメント

    なにが起きたのか……具体的には聞くべきではないですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    この時に丁度話題になっていたことです!

    お察し下さい!

    そして、お心遣いありがとうございます!

    2018年3月2日 07:01

  • 罪と罰へのコメント

    むずかしい問題です。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    答えを考え続けていくこと……それが、もっと答えに近いことなのかもしれません!

    2018年3月2日 06:59

  • 10時間睡眠へのコメント

    だんだん、埴輪さんの正体がわからなくなっていく。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    私も自分の正体がよくわからないといいますか、それを探すのが人生というものなのかもしれませんね!(日々変化しているものだと思いますし!)

    2018年2月28日 07:30

  • お金が愛しい……もとい、愛しいお金へのコメント

    コメント失礼いたします!

    その金額の見えないところには無料で販売? している分が存在するわけですね!
    ガッツ!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    期間限定で無料販売することもありますが、Amazonで販売していている電子書籍は全て有料です!
    KindleUnlimited会員の方は無料で読めますが、読んで頂いたページ数によって利益が発生するので、それをひっくるめたものがこの金額なので……電子書籍を販売するのと、電子書籍で儲けるというのは、似ているようで全くことなることなのだと思います!

    2018年2月28日 07:29

  • バレンタインデェエへのコメント

    コメント失礼いたします!

    豪快な職場ですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    従業員(アルバイト)の人数が多い職場なので、物量を感じる時がままあります!

    2018年2月28日 07:25

  • 「作家」→「兼業作家」へのコメント

    おつかれさまです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    疲れていたり、眠気に襲われていたりする近況ノートが増えるかと思いますが、今後もよろしくお願い致します!

    2018年2月28日 07:24

  • ゼノギアス20周年に寄せて へのコメント

    コメントを失礼いたします。
    これだけの熱量を持って語っておられるのに、ネタバレがほぼなく、著者さんの想いだけが圧倒的パワーで胸に刺さります。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    本当にゼノギアスは大好きな作品ですからね!
    そういった想いが伝わったなら、これに勝る喜びはありません!

    2018年2月28日 07:23

  • 自己満足と承認欲求へのコメント

    わたくしは好きなものを書いたときに、ようやく最初の読者に受け入れてもらえる=親からの承認。
    という図から抜け出せません。
    書けば書くほど、人の目が気になります。
    自分が誰にあてて書いているのか、書いてる途中で堂々巡りになって、書いておいたはずのプロットとの差に自縄自縛になるんです。
    パーフェクトに自己満足したい……。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    最初の読者が身近にいるというのは嬉しくもあり、はずかしくもありますな!

    親御さんが認めてくれるなら、もはや何も恐れるものもないのかなとも思います!

    まずは自分の書きたいものを書く、次にそれを誰かに伝わるように意識する……言うは易しで、私もまだまだ修行中の身ですが、お互いパーフェクトに自己満足できる日がくるとを願って、気長に頑張っていきまっしょい!

    2018年2月28日 07:21

  • 執筆の近況へのコメント

    がんばるのじゃ! 応援しているぞい。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    応援ありがとうなのじゃ!

    2018年2月8日 07:07

  • 荒魂と和魂へのコメント

    FF14がなかったらと考えたことがありますか? わたくしは自分自身、ネットで文章を書くことがなかったら、狂人だと思います。廃人かな?;

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    FF14がなかったら……恐らく、他のオンラインゲームをプレイしていた‥…かな?
    うーん、どうだろう!
    ないと駄目というより、あって良かったという感じですわ!

    誤解を恐れずに言えば、作家は書かないとどうしようもない生き物だと思いますから、お互いに文章を書く機会と場所があって良かったですな!

    2018年2月7日 07:04

  • 正直になれる場所へのコメント

    人間は多面的生き物よね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    三次元で生きている以上、平面ではなく立体的な存在なのだろうと思いますわ!

    2018年2月7日 07:05

  • 荒魂と和魂へのコメント

    虚構です…
    虚構を集めるのです…!!

    クリアおめでとうございますー!(*´ω`*)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    久々にルーレットを回して、コツコツ虚構を回収中です!
    アフロさんもガンガン集めたれ!

    ありがとうございます!

    2018年2月7日 07:01

  • パソコンを起動しない日へのコメント

    ガッツリガッツリ

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ガッツリやりきりました!

    2018年2月6日 06:49

  • 作家の資格へのコメント

     同感です。
     自分で宣伝してウェブでランキングを上げて…みたいな作品が時代を作るとは思えません。テンプレを真似て文章の上手い人間が作った作品は、たぶん何百年も前からあります。そして、少なくとも二十年たった模倣作品は、たぶん一つも残っていません。
     オリジナリティーのある作品には百の模倣作品を作る力がありますが、模倣作品には何の力もありません。僕も力のある作品を書きたいと思います。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    今すぐ成果を求めようとすると、目をひくこと、時代に即したものを書くことは必要なことだと思いますが、果たしてそうして書いた作品が自分の書きたかったものなのか、自分が作品を書こうと思った動機と正しく結びついているのか……そうしたことをきちんと考えなければ、自分も、作品も、読者も、誰も幸せにすることはできないのではないかと思います!

    いつ読んで貰っても大丈夫だと胸を張っていえる作品を書くこと……それこそが、作家の目指すべきものだろうとも思います!

    ぜひ浩明さんも、目標とする「力のある作品」を書けるように頑張って、また、楽しんでくださいね!

    2018年2月2日 08:16

  • 約2年10ヶ月振りのお給料日へのコメント

    コメント失礼いたします!

    『おけらの翼』というマンガで、地球の環境問題を解決するために神界から遣わされた貧乏神が、超リッチなイケメンであるツバサのお金を使えなくした!

    貧乏神『昔は物々交換で、食べ物は腐るから溜め込めない、だからわけあう。お金は腐らないから溜め込んで、結果格差が生まれる』

    などと言っておいて、最後は子孫繁栄にまで言及するという物語がありました。

    お金は、どう扱うかで人を決めてしまう部分があると思います。
    埴輪さんは執筆とゲームの勉強に二年間以上も励んでいらしたので、やはりすごいなあと思います。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    真丸さんは色々とご存知ですな!
    こうした形で自分の知らない作品に触れられるというのも、大変ありがたいことですわ!

    まさにお金は使いようで、お金そのものが何か悪さをするわけではないんですよね……!

    お金があるからこそ格差を問題にできるというか、実力主義の世界だと問題提起をする以前に、弱者が生き残れませんからな!

    自分の稼いだお金の範囲内で、仕事をせず好きなことに時間を使うという経験をすると、また世の中が違って見えてくるものだと思います!

    2018年1月26日 08:18

  • 「PV数」や「おすすめレビュー」も欲し…へのコメント

    埴輪さんの熱量ある言い方にはかなわないです。勝てないって思うな。

    Fight! 戦う~君の歌を~♪ 戦わない奴らがわらうだろ~♪
    Fight! 冷たい~水の中を~♪ 魚たち泳いでゆけ~♪

    尊敬してます!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    中島みゆきの歌詞ぐらい、熱い言葉を綴れるようになりたいものです!

    尊敬して頂けるなんて、恐縮であります!

    2018年1月25日 22:17

  • ネバーエンディング手直しへのコメント

    コメント失礼いたします!

    勇気、根性、気力がわいてきます!
    埴輪さんの夢、希望、努力がすごく伝わってきて、応援したくなります!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    そう言って頂けると、私にも夢や希望が湧いてきます!

    いつも応援ありがとうございます!

    2018年1月24日 08:06

  • 頑張った、今週の私!へのコメント

    おめでとうございますー!!

    なにかをやり遂げた後の飲酒の気持ち良さたるや…!
    存分に休んでくだされー!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    そして、お心遣いもありがとうございます!

    結局飲んですぐ寝ましたが、幸せでした!

    2018年1月22日 22:32

  • 峠を越えたら、そこは(ここで寝落ち)へのコメント

    埴輪さんも、人間だったのだな。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    私はどうしようもなく人間です!
    だからこそ人間に興味がありますし、小説も書いているのだろうと思います!

    2018年1月13日 14:15

  • 「発想」と「想像」へのコメント

    発想は面白くても、中身が……という作品はありますね。
    逆に発想は目新しくなくとも、ストーリーテリングがいい、というものもあります。後者がすきだし、
    埴輪さんは後者よりの気がするのです。発想がどうとかおいておいて、読ませる文章ですよね。ぐっとひきこまれますもの、がんばってください。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    慣れている読者だと、作品に目新しい「発想」があれば、それを使って独自で楽しむことができるといいますか、そうしたネタを提供する媒体であると割り切っているのが、今のラノベ・Web小説なのではないかと思うことがあります。
    小説自体よりも、そこから派生したものに価値があるといいますか…‥。

    私は何よりも小説を読んでいる時に一番楽しんで欲しいという思いがあるので、そうした作品を書いていきたいと思っております!

    読ませる文章だと言って頂けるのは嬉しい限りです!

    正直、そう面白いことを発想することができない私としては、自分のなりの考え方、アプローチの仕方で勝負するしかないと思っているので、そこを磨いていきたいなと思います!

    2018年1月13日 14:14

  • たまには昔の作品をへのコメント

    おはよーございます!!

    歳のせいかスマホの小さい文字を長時間目にするのは辛くなってきましたが、それでも38万キロは確かに面白い!!

    またじっくりと読み返したいと思います!
    これからの作品にも期待!

    応援してますよー!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    そして、おはようございます!

    文字が小さければ大きくすればいいじゃない! ……と、某マリー的な物言いをしてみましたが、ガラケー時代よりはマシになったものの、スマホの画面はまだまだ小さいですからね!
    私は(最近めっきり聞かなくなった)ブルーライトをを低減する眼鏡が欠かせません!

    目は何をするにも大事なので、きっちり労っていきたいところですな!

    38万キロを楽しんで頂けて嬉しいです!
    『ネスト』、並びに新作の準備もぼちぼち進めていますので、どうぞご期待下さい!

    応援ありがとうございます!

    2018年1月10日 07:23

  • 「いつか」ではなく「今」へのコメント

    こちらにコメントをしてもいいものかとは思いましたが、すいません。

    遥から彼方までにレビューを頂いて本当に嬉しかったです。ありがとうございます!

    自分が好きであればいい、それはもちろんその通りでそれこそが一番健全な精神であると思います。
    だからこそみんなにも知ってもらいたいという気持ちもまた人間らしいとおもって、ある意味ままならないものだなあと日々思います。

    そして、レビューを頂いた中にあった、作者が一番の親バカという言葉、ものすごく納得してしまいました。
    私が一番の親バカでした。
    大切なことにも気づかせて頂き、ありがとうございました。

    埴輪様の小説についても、応援しておりますので、無理せずに頑張ってくださいね!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    どこでも自由にお書き込み頂ければ幸いです!

    こちらこそ、素敵な作品を読ませて頂きありがとうございました!
    私がこのような近況ノートを書いた背景に、「ハルカナ」もあったことは間違いありません!

    今のように自分の想いを発信する手段が豊富にあるわけではなかった頃、小説はまさに自分の想いを読者に伝えるための手段だったのではないかと思います。
    また読者も、そこに自分が知らなかったこと、自分が思いも寄らなかったもの、そして自分の新たな思いになるものを見出していたのではないかと。

    今は誰でも自分の想いを発信できるようになったぶん、一つ一つの想いは埋もれがちですが、その分、読者も増えているのは事実だと思いますので、誰か一人でも読んで貰える方がいて、楽しんで貰えるなら、それで御の字なのだろうと思います!(いや、もっと多くの人に読んで欲しい! となれば、プロを目指すしかありませんが!)

    作品にとって、作者は一番のファンであるべきでしょうし、そうじゃないと可哀想だという想いを新たに、自分が心から面白いと思える作品を、より多くの読者に伝わるような形で書いていけるように頑張っていきたいと思います!

    何にしても体が資本……お互い無理せず元気に書き続けていきたいものですな!

    2018年1月10日 07:18

  • 「いつか」ではなく「今」へのコメント

    そうか……きれいなお姉さんがまた見たいな。今年の流行りはなんだろうか。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    正直は美徳!
    何もかもを曝け出す必要はないと思いますが、譲れないものというもをもっていきたいものです!

    流行り廃りは世の常ですから、最後にものを言うのは自分の感性なのかもしれません!

    2018年1月7日 20:23

  • 謹賀新年へのコメント

    気合が入ってますね! 

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    気持ちだけは負けずにいきたいと思っております!

    2018年1月4日 22:59

  • 年末のご挨拶と冬休みのお知らせへのコメント

    謹賀新年!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    今年もよろしくお願い致します!

    2018年1月4日 23:30

  • 収まった仕事と収まらないクレーム(怒り)へのコメント

    クレーマーねえ……本屋で3万円の買い物をして、たまたまレジの人が額面を多く打ち込んでしまったのでやり直ししてもらったことはありますが。べつに怒りたくて怒っているわけではないので、つい、店員さんの声真似でしゃべってしまったことはあります。穏便にすまそうと。でもその店員さんの気持ちを考えようと、努めた結果、な~~んにも反省してないし考えてもいない、というのがわかっただけでした。本は郵送にしてもらいました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    3万円とは奮発しましたな!
    本って結構お高いんですよね……!

    誰しも機嫌が悪くなったり、怒ったりすることはあるかと思いますが、そうした経験を積んでいくことで、機嫌を悪くしたり、怒ったりしたところでどうにかなるわけではないことを、自ずと学んでいくものではないかと思います!(それでも機嫌が悪くなったり、怒ったりするのが人間のサガとも言えますが……!)

    真守さんがやったように、怒る以外の対処法が存在しているにも関わらず、敢えて怒ることを選ぶということは、やはり怒りたくて怒っているのであろうと考えるのが自然なのではないかと思います!(あるいは、怒り癖とでもいうべきものが身についてしまっているのかもしれません!)

    2018年1月4日 23:29

  • 明日は仕事納めへのコメント

    一日10時間労働……。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    休憩が1時間15分あるので、実際は8時間45分労働になります!

    個人的には作家と並んで天職だと思っている仕事なので、日々楽しく頑張っております!

    2018年1月4日 23:14

  • 自分へのご褒美は課金の香りへのコメント

    ガシャで50連敗なんてありがちなこと。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ガシャのあるゲームで楽しんでいる方には、ぜひガシャがなくてもゲームは面白いものだということを思い出して欲しいと思います!(ガシャはゲームを面白くするためものものではなくて、会社が儲けるためだけに存在しているシステムですからな……!)

    2018年1月4日 23:11

  • 手のマッサージのススメへのコメント

    手は第二の脳ですからね。わたくしもそれで成績UPしました!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    手にあるツボの位置を示した図を見ると、どこかを押せばどこかが健康になりそうな感じで、まさに押さなきゃ損という感じですから、脳も活性化間違いなしですな!

    2018年1月4日 23:01

  • 謹賀新年へのコメント

    おかえりなさい!
    コンテストも折り返しました。
    執筆、頑張って下さい。応援しております!

    本年も宜しくお願い致します
    新しい年が素敵な年になりますように

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ただいま戻って参りました!
    カクヨムコンは『ネスト』に絞って注力していきたいと思います!
    応援ありがとうございます!
    お互い頑張りましょう!

    今年もよろしくお願いします!

    2018年1月4日 22:58

  • 年末のご挨拶と冬休みのお知らせへのコメント

    あけましておめでとうございます。

    今年もよろしくお願い致します。

    帰省して英気を養い、また今年もより一層ご活躍出来るように祈っております。

    正月はごゆるりとして下さいね。

    またお邪魔させて頂きます。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    あけましておめでとうございます!

    今年もよろしくお願いします!

    英気を養いすぎて苦しくもなりましたが、リフレッシュできました!

    お互い今年も頑張りましょう!

    2018年1月3日 20:22

  • Xenogears 20th Anni…へのコメント

    ゼノギアスやりました。三回初めからエンディングまでやって、友人に貸したらなかなか返ってこなくて、内心キレそうだったのを憶えております。
    だいじなものは貸しちゃだめだし、貸したら上げたものとおもわなくちゃだめですね。
    「バルトさま、それは味方です!」
    バルトミサイルおかしかったv

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    かなりやり込んでますな!
    実は私も友人から借りてプレイしてハマったクチなので、きっとご友人もハマったに違いない!

    ゲームの貸し借りで社会の仕組みを学びました!

    バルトとシグルドのコンビも良かったですな!

    2017年12月20日 23:16

  • Xenogears 20th Anni…へのコメント

    そこまで好きなゼノギアスのオケコンは、さぞ楽しみで仕方ないですね!!

    もう記憶には殆ど無いですが、当時、めちゃくちゃハマったのだけは覚えてます!

    この当選を機に、何もかもが上手くいくよう祈っておりますよー!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    おお、アフロさんもハマっておりましたか!
    正直、欠点も多いゲームではありましたが、全てをひっくるめて今も大好きなゲームです!

    こういう嬉しいことがたまに(重要!)ありますから、人生はやめられない!

    来年も頑張れそうです!

    2017年12月20日 07:23

  • 今日は頑張ったと言える一日へのコメント

    ゴーゴー!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    今週も頑張ります!

    2017年12月18日 07:54

  • 「諦める」ことの副作用へのコメント

    なんだかんだでブルジョアの考え方。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ボロを着てても心は錦!
    心は豊かでありたいものです!

    2017年12月18日 07:54

  • 座って読んでも……へのコメント

    なんか面白そう! わくわくv

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    極神龍もエオ飲み会も堪能しました!

    2017年12月18日 07:52

  • 夜空を見上げれば、星が瞬きへのコメント

    おつかれさまでした!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    少しずつ、仕事にも慣れてきたように思います!

    2017年12月18日 07:52

  • 待望の新機能へのコメント

    ちょろちょろか~~。あの気合入った筆致が魅力だったけど……お仕事じゃ無理は言えないしな~~がくし。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    そう言って頂けると、書いている甲斐がありますわ!
    土日など時間がある時、また言いたくて仕方がないことがあったらまた長くなることもあると思いますので、今後ともよろしくお付き合いくださいませ!

    2017年12月18日 07:51

  • 明日から10時間労働(休み時間もあるよ…へのコメント

    FF14をやってみたいと思いました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    PC版なら無料トライアルもありますので、良かったらぜひ!

    2017年12月18日 07:49

  • 作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    余すところなく過ごしていると思います!

    2017年12月18日 07:48

  • 仕事が繋いでくれた縁へのコメント

    読み専は寝物語だと思ってました……。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    私もまさか実在するとは……!
    まぁでも、冷静に考えるとそうじゃないと成り立ちませんからな!

    ともあれ、これからも頑張って執筆を続けることができそうです!

    2017年12月18日 07:47

  • 毎日届くSMS+追伸へのコメント

    書いている途中で眠ってしまわれる……無防備でほほえましいです。おつかれさまです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    疲れてる時は一瞬で眠りに落ちます!

    2017年12月18日 07:45

  • 座って読んでも……へのコメント

    埴輪さん、ファイトですよー!!

    労働の時間があるからこそ、自由に使える時間に意義が出てくる!

    執筆もFFも良いですが、まずはご自身の体調に気をつけてくださいね!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    体調は何よりも大事ですね!

    具合が悪い時は寝るという選択をすることができるようになったことで、より充実した人生を送れるようになったのではないかと思います!

    応援もありがとうございます!

    2017年12月16日 21:55

  • 土日があっという間に過ぎ去っていく理由へのコメント

    まだ環境が変わって幾分も経っていないからか、時間の使い方、日々の過ごし方等に対応しきれていないのでは!
    という印象を受けました!
    娯楽はどうしても後回しになりがちで、ストレスも溜まるでしょうけども、どうぞご自愛くだされ!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    今までは毎日が日曜日状態でしたからね…‥!
    そのギャップをどうするかで四苦八苦しております!

    その一方で、新しいゲームを始めた時のようなワクワク感もありますすので、些細なことで一喜一憂しながら楽しんでいきたいと思います!

    2017年12月11日 06:43

  • 執筆専念生活の最後に……へのコメント

    コメント失礼いたします!

    埴輪さんの、ご自分の作品を語られる時のすさまじさ、筆力に恐ろしさを感じます。

    よ、読まなきゃ。と思わされます。

    作者からの返信

    コメントありがとうござます!

    読んで頂きたい一心で書いておりますので、そう言って居ただけで嬉しいです!

    おすすめレビューもありがとうございます!

    2017年12月4日 20:56

  • 「第3回カクヨムWeb小説コンテスト」…へのコメント

    久し振りに覗いてみたら、まさかの急展開ですね……! 新しいお仕事、さらには新作の執筆にとお忙しい毎日になるかと思いますが、お体に気を付けて頑張ってください。

    カクヨムコン3、がんばりましょー!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ここ数ヶ月は激動でした……!

    ただ、それを経た今はやるべきことがハッキリしているので、それに向かってしっかり頑張りたいと思います!

    お互い体に気をつけつつ頑張りましょうね!

    2017年12月2日 12:06

  • PV数が2万を突破しました!へのコメント

    購入いたしました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    おお、ご購入もありがとうございます!

    ぜひお楽しみください!

    2017年11月30日 20:37

  • 等身大の自分でありたい!へのコメント

     僕はずっと昔、小説を書いていて。ショーとショートや短編はいいものが書けると思って。でも、生きたキャラクターが描ける小説をどうしても描けなくて、一度、書くことを断念しました。
     仕事をして、人間関係で色々と経験して。今、書いてみて。ほっと思いました。
     結構描けるじゃん。人生経験、無駄じゃないじゃん。
     それでまた、去年から書き始めました。
     人生経験は全部、肥やしです。多作をするという意味でなく、いいものを書きたいという意味なら、就職はプラスにできます。前向きに考えましょう。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    人生経験は全部、肥やし……本当にそうですね!

    今まで経験した物事の一つでも欠けて今の自分はいなかったでしょうし、これまで書き上げた作品もなかったと思います!

    生涯作家であることを決意してから最初の仕事になりますので、仕事が生きていくための糧となることはもちろん、作品の糧にもなるよう、全力で頑張ります!

    2017年11月30日 10:27

  • 等身大の自分でありたい!へのコメント

    過程がどうあろうと、歩んできた人生を自ら誇らしいと思えるのは素晴らしい事だと思います。

    平々凡々と生きてきた自分には眩しくあります!w

    ともあれオサレは足元からと言いますし、良い道に進める靴である事をお祈りしています!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    言い方を変えると、そうすることしかできなかったんですよね……!

    世間的には「普通」と言われるのものの敷居が高く、そこになんとかしがみ付いているような人生から、世間がどうあろうと自分の人生を歩んでいこうと決めたことが、大きな転機だったように思います!

    いずれにしても、「生きている」というだけでも本当に素晴らしいことなので、アフロさんもご自身の人生を思いっきりエンジョイしちゃってください!

    また、平々凡々な人生を生きていた人のお名前が、そう簡単に「アフロ」へとは行きつかないと思います……!(個人的見解)

    いつも励ましのお言葉ありがとうございます!

    仕事に対して今は楽しみとしか言いようがないのも、希望のある言葉をかけて頂いているからだろうと思います!

    2017年11月29日 19:12

  • 縦書きから横書きへ……加筆修正の大切さ…へのコメント

     加筆修正をするのは良いのです。それは小説を高めることです。
     しかしもし、横書きに合う小説に改編することが目的で文章を変えてしまうとすれば。それはどうかと思います。
     見やすいレイアウトというのはあるので、行間を開けるとかは必要だと思います。僕もそういうことはします。でも、文章はあくまでそ横書き向きには変えません。
     小説は中身を問う芸術です。レイアウトなどの工夫は必要です。しかし、それはデザインの話です。小説そのものが変質してしまったら命を失ってしまうことになります。縦書きでいいものは、横書きでもいい。横書きでいいものは縦書きでもいい。僕はそう思っています。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    縦書きから横書きへと変わったからといって、小説そのものは変わらないという思いがあったからこそ、私はそのままコピーしていたわですが、見え方が変わると伝わり方も変わってしまうものだと気付いてからは、浩明さんの仰る通りレイアウトを工夫するようにしました!

    その一方で、この見え方というのは自分自身に対してもそうではないかと思っていて、横書きに変わることでより客観的に作品を見直すことができるのではないかと思います!

    そういった意味で、縦書きから横書き、横書きから縦書きへと変えるタイミングは、作品の推敲にピッタリなのではないかと思います!

    同じ彫刻でも見る角度を変えただけで違った味わいがありますし、人によって好きな角度も違うでしょうから、どこから見てもいいと評価されるような作品を書きたいものですね!

    2017年11月29日 10:14

  • 暗く悲しい物語の面白さへのコメント

    そのお気持ちはすごくわかる気がします。
    私も、基本的に日々読みたいのは「明るく軽く後味の良い物語」なのですが、心の一番奥深くに突き刺さった作品は「心を込めて語られた、忘れがたい悲劇」でして(登場人物が少しがんばれば回避できるだろうこれ、というレベルの悲劇はむしろ読むと腹立たしいくらいなのですが。よくできた悲劇となると、全知全能でもなければ避けられないよこれ、レベルのとんでもない入念さで組み立てられたものがあり……)。
    現実ではなかなか見られないほどのハッピーエンドを味わいたい時あり、現実では決して経験したくない恐怖や悲しみを味わいたい時もあり、読者としての気分も常に一様というわけではないですよね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    私も読者としては「明るく楽しい」ものを選びがですが、そうした作品も「明るく楽しい」ばかりかといえばそうでもなく、その逆もまた然りだと思います!

    ただ、最初の入りが「明るく楽しい」か「暗く悲しい」かだと好みが分かれるというか……でも、そういうのが好きだという人もいるでしょうから、躊躇うことなく、「面白いですよ!」と宣伝していってもいいのかなと思います!

    救いがないことが救いというか、いっそいけるところまでいって欲しい、中途半端な救いはむしろ悲劇だと思えるようなものもありますし、本当、面白さというのは奥が深いと思います!

    2017年11月27日 08:20

  • インスピレーションの源泉へのコメント

    通読させて頂きました。例えばの話ですが、大学の映画ゼミに所属する学生は一年で250本くらい映画を観るノルマを課されるそうです。2年間で500本くらい。それくらいの蓄積があればかなり変わってくると思います。実際には一日の内で必ず2時間を映画に取られる訳でして、ほぼ毎日映画を観ないと達成できない数字だと思います。そこまでせずとも毎週一本必ず観るとすれば50週×10年で達成できる数字です。私自身、数えてみると、この10年で300本ほどしか観ていませんが。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    小説を長いこと書いていて思うことは、自分の知識や力量以上の作品を書くことはできないということです。

    要はインプットがなければアウトプットができないというこですが、どうやってインプットするかは実に様々な方法があると思います。

    映画ゼミのようにひたすら映画を読み込むのも一つですし、FZ100さんも10年でも300本観たということは、大いに糧……インプットになっているだろうと思います!

    では私は何を一番インプットしているのかと振り返ると……やはり、ゲームなのではないかと思います!

    その数は決して多いとは言えませんが、ゲーム……特にRPGでは物語だけではなく世界そのもののを体験することができるので、そうした中で得たものは、執筆活動のまさに源泉となっているように思います!

    2017年11月25日 23:26

  • インスピレーションの源泉へのコメント

    インスピレーションを得る時は大体他の作業してる時が多いような気がします!

    それは仰ってるように音楽聴いてる時であったり、人によってはご飯食べてる時であったり、それこそ日課にされてる散歩中であったり!
    自分は車を運転してる時が一番多いです!!

    来週から始まるバイト、いつもと違った環境なので良いインスピレーションが得られると良いですな!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    おお、アフロさんもそうでしたか!
    車を運転している時とは、もはやアフロのように……もとい、手足のように車を扱っている姿が目に浮かぶようです!(アフロ姿も)

    仰る通り、色々とインスピレーションを得られそうな職場なので、今から楽しみです!

    2017年11月25日 14:01

  • 「笑える話」って難しいへのコメント

    笑いまで求められるとは、執筆活動は奥が深いですな!!

    月並みですが笑いは笑いで得意な人に任せて、埴輪さん独自の色を出していけばいいと思います!

    それでも笑いというならば、小説よりも尺は短く、それでいて言葉の言い回しやオチへの持って行きかた、間の取り方等、やはり芸人さんはよく勉強されているのではないかと!

    同じオチでもそこまでの過程でガラッと印象は変わるので、中々難しい印象です!!

    これからも良い小説が書けるよう、応援してます!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    笑いはどんなジャンルの作品でも、重要なポイントですからな!

    笑いを取るだけでも大変なのに、それを文字だけでとなるとさらに敷居は高く……だからこそ、そうした部分もこなせるようになると、かなり強みなるのではないかと思います!

    色々と考え抜いてシナリオを書いているように、勢いやその場のノリだけではなく、頭を使ったお笑いというものを考える必要があるのだろうと思います!

    いつも応援ありがとうございます!

    2017年11月23日 10:36

  • 『不老のセツナと不死のイマ』公開終了&…へのコメント

    おめでとうございます!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ありがとうございます!

    今後はこまめに電子書籍してきたいところです!

    2017年11月20日 09:40

  • 小説とイラストの描き方は同じかもしれないへのコメント

    デジタルの表紙画づくり、大変ですね!
    具体的にどうやるのか、興味があります!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    昔からパソコンでお絵かきをしていたのですが、これがこんな形で役立つとは思いませんでした……!

    電子書籍は表紙だけがあればいいので、「1600×2560」(72dpi)の画像データを用意すればOKです!

    私はイラストを描いてタイトルを入れて……と全て自分でやってますが、絵が描けなくても著作権フリーの画像を利用するとか、絵を描いてくれる人に依頼するとか、色々な方法があります!

    ちゃんとした表紙を作った方が目を惹いて読まれると思いますが、コストをかけることなく挑戦できるのが電子書籍の魅力だとも思っているので、私は全部一人でやるようにしています!(利益を上げることを考えるなら、表紙にもしっかり投資するべきだろうとは思いますが……!)

    2017年11月20日 09:39

  • 「借り物の力で調子に乗んじゃないよ」へのコメント

    二次創作はおいておいて、リライトっていうのはどうなんでしょうか……? あれはかなり勉強してないといけませんし、原作者との兼ね合いもいろいろあるんじゃないかと思います。青空文庫はまたおいておいて。作者さんが存命なのにどうどうとリメイクを売ってる方、いらっしゃるので。あれどうなってるのかなーと。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    リライト・リメイクも「借り物」であることは間違いないと思いますが、仰る通り許可の有無で大きく違ってくるだろうと思います!

    重要なのは「何を目的としているか」ということで、宣伝や儲けがありきだと、リライト・リメイクもろくなものにならないと思います!

    よくアニメや漫画の「実写映画化」が話題になりますが、あれはもう作品の内容以前にスタートの段階が儲けようというところから始まっていると感じている人が多いからこそ、あのようなことになるのではないかと思います!

    このところ何かとコラボ商品が増えていますが、あれもコラボ先の人気を借りようとしていることは明白で、原作のファンからしたら何だろうなぁという気持ちになることもあるのではないかと思います!(便乗という言葉がコラボに置き換わってるような気がしないでもない!)

    ……少なくとも、私もFF14とのコラボがなかったら、いろはすを24本もまとめ買いしなかったでしょうから、まんまとしてやられております!

    2017年11月14日 15:41

  • 「共感」も大事だけれど……へのコメント

    スクエアエニックスは以前ドラクエ派かファイファン派かっていう緊張状態を生み出してました。わたくしもFFは嫌いではなかったのですが、FFはデータがぶっ飛びやすいという単純な理由からドラクエ一筋でした。技術的な面ではFFが次々と新たなギミックを取り入れていて目新しかったのですね。けれど昔からのファンであったドラクエファンはその世界観が好きだったわけで、これは新しくするより、ストーリーに深みを持たせた方が喜ばれやすい。それとFFはSF要素が結構ありましたしレトロな竜殺しにはあたらなかったんじゃないかと思います。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    確かにデータは飛びやすかった気がする……!
    私はドラクエのデータが消えた時の音が物々しくて怖かったことを記憶しております!

    私はドラクエとFFを両方やっていましたが、徐々にFFへ傾倒していきました!(SF要素が好きだったのだと思います!)
    これはどっちが優れているかというよりは、好みの違いでしょうな!

    「竜殺し」という昔から連綿と続く構造が、この現代社会でも形を変えて存在している……というのが本書の趣旨の一つなのですが、そのままズバリ「ドラゴン」という言葉が出てくる「ドラゴンクエスト」の方が使いやすかったのだろうと思います!

    FF14の拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」はまさにドラゴン退治の話なので、そこも引き合いに出してくれたら面白かったのではないかと思いますが、恐らく作者の方はドラクエ派なのだろうと思います……!

    2017年11月14日 15:32

  • 勘違いと電子書籍のこれからへのコメント

    すごいなー。(相変わらず内容なくてすみません)
    感想が他にでてこないです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    どんな内容でも大歓迎ですぞ!(コメントのしようのない内容のものも少なくないですからな……!)

    2017年11月14日 08:53

  • 「借り物の力で調子に乗んじゃないよ」へのコメント

    2次創作でも書き手や描き手によって味はガラッと変わるので、クリエイトできない自分はそれを眺めるのが楽しくあります!!

    借り物の力であろうと、それを借りれる、もしくは借りるに値する間柄というのは自分の力ではないかと!
    使える物は親でも使えと言いますし!!

    ファイトです!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    私も二次創作は大いに楽しませておりますし、それによって原作が盛り上がるという、まさにウィンウィンな関係だと思います!

    ウィンウィン!

    確かに借りることができる、貸し与えられるということは誰にでもできることではありませんな!

    どんな時でもリスペクトや感謝の気持ちを忘れずに……ということなのかもしれません!

    ありがとうございます!

    2017年11月13日 20:22

  • 「夢オチ」の虚しさへのコメント

    コメント失礼いたします!

    やはり……。「日帰りファンタジー」でスランプになってまで書いたのに公開しなかったものが「夢オチ」でした。書いててむなしくて、つらいのに、読者さんが喜ぶぞーって天啓があったので、神経ぐしゃぐしゃになりましたが仕上げました。
    「夢」が見られてよかったねv
    って話になるんですが。残されたのはどうにもならない現実、というオチ。
    苦しかった……ほんとーに、苦しかった……

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    なんと、それは辛い思いをしましたな……!

    読者のためにという思いはとても大切なことだと思いますが、作者が書いていて辛いものは、読者も読んでいて辛く感じるものだと思います。

    私も書いていて辛くなるお話を書いたこともありますが、それを乗り越えることができたのも、報われる時が来ると信じているからこそでしたし、それが原動力になったのだと思います!

    読書という夢は作品を読み終わると必ず覚めてしまうものですから、せめて作品は本物のまま終わりたいものです!

    もしゆみさんが感じられた天啓を活かすとするならば、作品を童話のように短く抽象的にまとめることで、読者も受け入れやすくなるかもしれません!(読者が喜ぶと感じた部分に的を絞って物語にするイメージです!)

    2017年11月12日 17:01

  • 「夢オチ」の虚しさへのコメント

    単純なあふろは夢オチでも楽しめるコスパの良い人間です!

    夢オチじゃないステキな起承転結を期待しています(*´ω`*)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    イイ!
    実に都合がイイ!(酷い言い草)

    楽しい話やネタとしてなら夢オチは大いにアリだと思うのですが、シリアスな話でやられてしまうと本当に虚しくて、思わずアフロにしたくなります!

    さりげなくハードルが上げられていますが、頑張ります!

    2017年11月11日 08:40

  • 「夢オチ」の虚しさへのコメント

    ああ、お気持ちわかります。
    私は夢落ちというか、記憶の操作がきついですね。
    最近読んだ話では、疎遠になってしまっていた主人公と幼なじみがある事件に巻き込まれて協力し合い、心を通わせ互いの気持ちに気づき……というところまで進展しておきながら、事件に関する一切の記憶がなくなるという終盤でした。
    記憶がなくなっても二人の思いは残って、みたいなラストではありましたが、ハチャメチャすぎて関係者全員の記憶を弄らなければ収拾がつかないなんてレベルでもなかったストーリーなので、どうしてこういう流れにしちゃったのかなと。

    >明らかな「夢オチ」……「妄想」に耽る場面などは、そこから一気に現実に引き戻されるギャップとあいまって、とても面白い演出になると思います!
    どう考えても都合よすぎだろ、という展開からの目覚めなら、むしろ安心してしまうことすらありますね(なぜかいつまで経っても目が覚めない話も最近は流行りのようですが)。結局は書き方次第という結論になるのかも。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    記憶の操作! ……そのお気持ち、よく分かります!(記憶喪失も、都合の良いタイミングで記憶が蘇るのはどうかと思います!)

    夢オチも記憶の操作も、最もメリットがあるのは作者の方だと思います。
    ただ、これを許容してしまうと「何でもあり」になってしまうので、それが許されるような世界観、ストーリーでない限り、使ってはいけない禁じ手なのではないかと思います!

    ご指摘の通り、覚めない夢オチ的な話が今は求められているというか、いかにして読者に夢を見せるかというのがポイントなのかもしれません!

    2017年11月11日 08:37

  • マイナンバーカードと集団面談+αへのコメント

    趣味にff14と答えるとまだまだ引かれる今日この頃!
    小説に生きてる埴輪さんは十二分にご立派だと思います!!

    本当に応援してます!
    ファイトー!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    「FF14は趣味になり得る」という吉Pの言葉を地で行く私です!(MMRPGは~だったかもしれないけれど!)

    趣味が人生をより面白く、豊かにするためのものたとしたら、FF14は間違いなく趣味になり得ると思います!

    作家や小説という言葉も、現実社会で口にすると微妙な反応をされることもありますが、そんなの関係ねぇ!

    ……というより、アフロさんのように応援してくださる方の声があるのですから、それ以上何を求める必要があるというのか!

    ありがとうございます!

    頑張ります!

    2017年11月9日 15:19

  • 今日の執筆で目や手よりも酷使したものへのコメント

    埴輪さんの文章は読みやすいと思っていました。そんなことをなさってたのですね。新井素子さんを思い出しました。
    喉をお大事になさってねv

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    黙読だと見逃してしまうような間違いに気づくこともできるので、音読はおススメです!(コンピューターに読み上げさせるという手もありますが、やはり自分で読み上げた方が気持ちが入りやすいと思います!)

    お心遣いありがとうございます!

    2017年11月8日 09:25