酒井七馬と手塚治虫

作者 須崎正太郎

名伯楽と天才との出会いが、日本の漫画界を変えていった。

  • ★★★ Excellent!!!

酒井七馬という、手塚治虫という天才を見出し、彼をスター作家に成長させた名伯楽を主人公にした物語です。

手塚治虫の物語を描く上でスルーされがちな人物ですが、初期の業績を語る上では避けて通れない重要人物です。しかし、彼を主体にした物語は類例がなく、題材選びが非常に素晴らしいと思いました。

物語も非常に面白く、酒井七馬や手塚治虫のキャラクター造形も最高です。とてもお薦めです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

湊風紳 煌騎さんの他のおすすめレビュー 198