酒井七馬と手塚治虫

作者 須崎正太郎

ドラマは偉人だけのものではない

  • ★★★ Excellent!!!


 「人間は笑うのが仕事なんや」

冒頭、こう言ってのける本作の主役・酒井七馬は、天才である「漫画の神様」手塚治虫に比すれば、凡才として描かれる人物であり、手塚が主役の物語であれば、序盤に出てくる脇役の一人に過ぎない人物ですが、では、彼にドラマがないのか、彼の人生は物語に成り得ないのか、という問いに対し、敢然と「否」と言ってのけたのが本作であります。

本作における、酒井七馬という男は、天才ではなく、また成功を収めたとも言いがたいですが、そんなものに関わりなく、彼の人生の物語は、読み手の心を打つことでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー