《死に狂い》の侍が勇者のパーティーをクビになったので魔王をサクッと倒して自由に生きようかと思います

作者 草薙刃

1,554

569人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作は構成、世界観設定、キャラクター造形、地の文、その全てが非常に重厚かつ骨太。極めて完成度が高い作品です。

ストーリーの展開も、また魅力的です。主人公が序盤で起こした「魔王討伐」という出来事が、世界中を大混乱の渦に飲み込んでいく過程が非常に躍動感に満ち、そこには歴史ドラマ的なスケールの大きさがあり、戦国時代物が好きな人には最高にハマると思います。

本作は、非常に完成度が高い大河ドラマといえるでしょう。
スケールの大きな物語を読みたい方に、お勧めです。

★★★ Excellent!!!

まず何よりも特筆すべきは戦闘シーンの描写力。
剣術や体術への造詣の深さだけではない、息遣いさえ聞こえてくるような臨場感を得ることができる。
加えて、主人公を取り巻く貴族や王族同士の腹の探り合いも見ものである。
また、戦国時代の日本の文化などをうまく中世風ファンタジー世界観に落とし込んでいる点も◎。
カクヨム初心者の方にオススメするとすれば、この作品を置いてはおけない。書き手としても読み専としても、非常に面白く読める作品。


—————死に狂いの男の生き様、とくと見届けよ。

★★★ Excellent!!!

ネット小説でパーティー追放ものも随分と増えてきました。
この作品も魔王を倒したあとは他と同かと思っていましたがなんというかまぁ……見事に好き放題やってくれます。
それでいていきなり現れた説得力のない強さではなく、ちゃんと主人公が人生の背景を持ち、また戦闘でも一つ一つの動きに強さの裏付けがちゃんとある。
和風の味付けと剣の描写でここまで見せてくれるのかと胸が踊ります。
敵を前にした不敵な台詞回しもカッコいい。
きっとあなたも、この《死に狂い》から目が離せなくなる!

★★★ Excellent!!!

中世的世界観の異世界ファンタジーはある意味お約束ではあるけれど。
そこに時代小説の香りを漂わせるとどうなるか、そんな作品です。
所謂正統派時代小説と山田風太郎的伝奇時代小説の間の雰囲気があります。
先が気になって一気読みしてしまいました。


主役のイメージが某ゲームの佐々木小次郎になってしまいました(苦笑)

★★★ Excellent!!!

絶対に負けるはずのない相手に勝って、面白い?
勝って当然の相手に勝利して、心が躍る?
勝つか負けるか判らないから、生きるか死ぬか判らないから、わくわくするんだろ。

剣と魔法の世界をバトルマニアが駆け抜ける。
異世界チャンバラアクション活劇! とくとご照覧あれ!!

★★★ Excellent!!!

 緊迫感とかっこよさに、思わず息を詰めて読んでしまいます。特に剣劇シーンを読み終わると身体中に力が入っていて、こんなにも息を詰めてしまっていたのかと実感しました。

 読み始めるとついつい止まらないです。彼の先々をもっともっと読みたい、追いたいと思ってしまいます。

取り敢えず第52話時点まで。

★★★ Excellent!!!

あまり多くは語りませんが、とにかく日本刀や剣豪がお好きなかたは読んでみてください。ほぼ確実にニヤけます。
それでいて、異世界ファンタジーとしての舞台設定もしっかりしていると思います。この世界観だからこそ、主人公は主人公たり得ているといえるでしょう。
なによりこの、どこかにありそうだとは感じつつも今まで見つけられなかった、痛快かつ絶妙な"王道ハズし"感。
奇妙な爽快感の虜になったら逃れられません。

★★★ Excellent!!!

死に狂いと呼ばれて勇者から追い出される→分かる
クビになったらから自由に生きる→分かる
一人でサクッと魔王を倒す→ファ!?
簡単に三行で纏めるとこんな感じになりまする。
しかし、この侍は単なる死に狂いではなく、腕の立つ死に狂いでございました。生死に境を見極め、死に狂いの名に恥じない戦闘狂っぷりに誰もが嵌まってしまうこと間違いなし。
只管に我が道をいくバトルジャンキー物語を見たい。そんな人に是非読んで頂きたい一作でございますw